東京都公立学校教員採用候補者選考2015、最終合否発表

教育・受験 学校・塾・予備校

東京都教員採用選考の案内
  • 東京都教員採用選考の案内
  • 過去5年間の応募者数・応募倍率等
  • 応募から採用までのプロセス
 東京都教育委員会は10月17日、平成27(2015)年度東京都公立学校教員採用候補者選考の最終合否発表を行った。「合格者受験番号一覧」と「期限付任用教員候補者名簿登載者受験番号一覧」を10月27日(月)17時までホームページに掲載している。

 平成27年度は採用見込者数2,910人に対し、応募者数18,075人で、応募倍率は6.2倍となった。第一次選考を7月13日(日)、第二次選考の面接を8月23日(土)と24日(日)、実技を9月7日(日)に実施した。

 合格者は、小学校が1,249人、小学校理科コースが13人。中・高等学校共通では教科ごとに国語が168人、地理歴史が117人、公民が36人、数学が197人、物理が49人、化学が52人、生物が55人、英語が246人、音楽が31人、美術が31人、保健体育が148人。中学校では技術が37人。高等学校では情報が4人、商業が6人、工業・機械系が7人、工業・電気系が6人、工業・化学系が2人、工業・工芸系が3人、農業・園芸系が3人。小中学校共通では音楽が69人、美術が72人。小中高等学校共通では家庭が32人などとなっている。

 なお、不合格者のうち成績が上位で、希望する者に対しては「期限付任用教員採用候補者」名簿に登載される。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)