千葉工大のカメラ搭載ロケットが米国で爆発、スタッフは無事

教育・受験 学校・塾・予備校

千葉工業大学惑星探査研究センターのお知らせ
  • 千葉工業大学惑星探査研究センターのお知らせ
  • メテオプロジェクト
  • 千葉工業大学惑星探査研究センターのTwitter
 オービタル・サイエンシズ社が開発したアンタレスロケットが10月28日(現地時間)、米国バージニア州NASAワロップス飛行施設で打上げ直後に爆発した。ロケットには、千葉工業大学の流星観測カメラシステム「メテオ」が搭載されていた。同大のスタッフにけがはないという。

 千葉工業大学惑星探査研究センターでは、国際宇宙ステーション(ISS)から超高感度CMOSカラ―ハイビジョンカメラにより流星の長期連続観測を行う「メテオ」プロジェクトをNASAらと協力して2012年より進めてきた。メテオはシグナス補給船運用3号(Orb-3)に搭載され、アンタレスロケットでISSに向けて打ち上げられ、約2年間流星観測を行う予定だった。

 爆発の原因は今のところ不明だが、現地へ行っていた同大のスタッフにけがはないという。同大惑星探査研究センターのTwitterには、「バスで緊急避難。みな無事です」と投稿されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)