「もっと基礎学習を」…神奈川県知事、小中学生に向けメッセージ

  神奈川県の黒岩祐治知事は11月5日、県内公立小中学校の全児童・生徒に向けメッセージを発表した。全国平均を下回る科目のあった全国学力・学習状況調査の結果を受け、もっと基礎・基本の学習をしてほしいとの願いを伝えるという。

教育・受験 学校・塾・予備校
神奈川県知事メッセージ
  • 神奈川県知事メッセージ
  • 神奈川県知事定例会見
 神奈川県の黒岩祐治知事は11月5日、県内公立小中学校の全児童・生徒に向けメッセージを発表した。全国平均を下回る科目のあった全国学力・学習状況調査の結果を受け、もっと基礎・基本の学習をしてほしいとの願いを伝えるという。

 発表したメッセージは「かながわの小・中学生のみんなへ 基礎が弱いぞ がんばれ!」。

 神奈川県は今年度の同調査で、漢字を書くことや公式を使って計算することなどが全国平均を下回り、基礎的・基本的な学力に課題があることが明るみに出た。

 そのことから、知事は「読み・書き・計算」は社会に出て自分の夢を実現するために欠くことのできない力だと説き「基本をしっかり勉強しよう。今ならまだ間に合う、やればできる」「わたしはみんなを応援しています」と呼びかけた。

 県知事は、5日の定例記者会見の中で小中学生に向けてメッセージを送ることについて「わかりやすさを大事にした。子どもだけでなく先生にも大きな責任はある」と述べ、このような呼びかけをすることで教師にも基礎学力の強化に向けた努力を期待した。

 メッセージは市町村を通じて各学校に送付され掲示されるという。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)