【高校受験2015】神奈川県、旧学区外への公立高校進学希望が初めて減少

 神奈川県内の公立中学校3年生の9割が高等学校(全日制)進学を希望していることが、県が10月に実施した進路希望調査からわかった。また、旧学区を越えて高等学校(全日制・普通科)への進学を希望している割合が、学区撤廃以来初めて減少した。

教育・受験 受験
公立中学校卒業予定者の進路希望状況
  • 公立中学校卒業予定者の進路希望状況
  • 県内公立・私立、県外国公立・私立(全日制)の進学希望状況
  • 高等学校(全日制)学科別の進学希望状況
  • 同一地域(旧学区)内外の高等学校(全日制・普通科)への進学希望状況
 神奈川県内の公立中学校3年生の9割が高等学校(全日制)進学を希望していることが、県が10月に実施した進路希望調査からわかった。また、旧学区を越えて公立高校(全日制・普通科)への進学を希望している割合が、学区撤廃以来初めて減少した。

 調査は県内の公立中学校411校の3年生を対象に、10月20日実施された。平成26(2014)年度3月卒業予定の3年生は、前年度より788人減の6万9,712人。

 卒業予定者6万9,712人のうち、高等学校(全日制)進学希望者が占める割合は91.9%。全日制は前年度との増減はなく、通信制(0.1ポイント増)、定時制(0.1ポイント減)も大きな変化は見られなかった。もっとも増減が大きいのは進路希望未決定者(2.3%)、前年度より0.2ポイント(106人)増となっている。

 全日制への進学希望者のうち、81.4%は県内公立高等学校、6.1%は県内私立高等学校、3.6%は県外私立高等学校を希望していた。学科別の進学希望状況では、普通科が82.4%(前年度比0.1ポイント増)、専門学科が11.3%(0.2ポイント減)、総合学科が6.3%(0.1ポイント増)。

 県内公立高等学校(全日制・普通科)進学希望者4万4,685人のうち、旧学区を越えて高等学校への進学を希望する生徒の割合は45.1%(前年度比0.4ポイント減)。学区が撤廃された平成16(2004)年以来、9年連続で上昇していたが、初めて減少に転じた。ただし市町村別では希望する割合が高い地域もあり、「旭区・瀬谷区・泉区」「南区・港南区・栄区」では旧学区を越えての進学希望が6割以上となっている。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)