アマゾン、難しい英単語の同義語を表示するKindle新サービス開始

教育ICT ソフト・アプリ

「Word Wise」利用イメージ
  • 「Word Wise」利用イメージ
  • 「Word Wise」対応書籍(イメージ)
 Amazon.co.jpは3日、Kindle電子書籍リーダーの新機能として、英語学習をサポートする「Word Wise」サービスの提供を開始した。

 「Word Wise」は、対象のKindle洋書の読書中に出てきた難しい英単語に、より簡単な同義語を表示できるサービス。表示は自動で行われ、アプリを起動したりする必要はない。単語をタップするだけで、より詳細な定義や同義語が表示される。自分の英語レベルに合わせて難易度を設定することで、ヒントの数を調整することもできる。

 対象タイトルは、『1Q84(英語版)』『Steve Jobs』『I Am Malala』『The 7 Habits of Highly Effective People』シリーズ、『Harry Potter』シリーズなど、5,000以上からスタートする。『The Great Gatsby』など無料作品100タイトル超も含まれる。

 Word Wiseの対応端末は、Kindle Voyage、KindleおよびKindle Paperwhite(ニューモデル)。最新ソフトウェアにアップデートし、「読書オプション→語学の学習」から設定することで利用可能となる。

難しい英単語の同義語を表示!アマゾンKindleが新サービス「Word Wise」開始

《冨岡晶@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)