科学未来館のクリスマスイベント、12/23に特別夜間開館

趣味・娯楽 その他

「クリスマス・ナイトミュージアム」Geo-Cosmos
  • 「クリスマス・ナイトミュージアム」Geo-Cosmos
  • 「お絵かきクリスマス」
  • 日本科学未来館 ホームページ
 日本科学未来館は12月17日(水)~25日(木)、クリスマスにちなんださまざまなイベントを開催。12月23日(火・祝)に実施される「クリスマス・ナイトミュージアム」では、開館時間が延長され、夜のシンボル展示Geo‐Cosmosに映し出される美しい地球を眺めることができる。

 同館の今年のクリスマスのテーマは、現在開催されている企画展「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ!未来の遊園地」にちなんだ「共創(共同で創造する体験)」。来場者参加型で楽しめるさまざまなコンテンツが用意されているという。

 メインイベントの特別夜間開館「クリスマス・ナイトミュージアム」では、夜のシンボル展示Geo‐Cosmosに美しい地球の姿が映し出される。そのGeo‐Cosmosを眺めながら聴きたい音楽のリクエストを事前に募集し、23日(火・祝)当日にはDJブースが設けられ、集まったリクエスト曲を配信するという。

 そのほかにも、チームラボ代表の猪子寿之氏と常設展示「アンドロイド」総合監修者の石黒浩氏のスペシャルトーク「僕らのつくりたい、未来の人間」の開催や、ドームシアター「暗やみの色」の追加上映など、ひと味違うクリスマスの夜が楽しめるという。

 また、12月17日(水)から25日(木)は通常開館中のイベント「未来館でクリスマス!」が開催され、親子で楽しめる内容となっている。たとえば「お絵かきクリスマス」では、専用の用紙に描いたサンタクロースの絵が目の前の街にやってくるというもので、 みんなの描いた絵でここにしかないクリスマスの世界をつくることができる。

 期間中企画展の入場者には、クリスマス限定チームラボ特製ステッカーが各日先着100名にプレゼントされる。

◆「クリスマス・ナイトミュージアム」

【常設展、企画展の開館延長】
日時:12月23日(火・祝)17:00~20:00(最終発券19:30)

【スペシャルトーク 猪子寿之×石黒浩 僕らのつくりたい、未来の人間】
日時: 12月23日(火・祝)17:30~19:00
場所:1階シンボルゾーン
定員:400名(申込先着順)
参加費:無料
申込方法:webにて12月22日(月)まで受け付ける

【夜のGeo‐Cosmosでリクエスト】
日時:12月23日(火・祝)17:00~17:30、 19:00~20:00
場所:1階シンボルゾーン、3階・5階常設展示フロア
リクエスト方法:webにて12月18日(木)12時まで受け付ける

【ドームシアター追加上映】
日時:12月23日(火・祝)
 「暗やみの色」17:30~、「バースデイ」18:30~、「暗やみの色」19:30~(各回30分)
場所:6階ドームシアターガイア
定員:各回112名
参加費:大人300円、18歳以下100円(1席あたり)
 ※チケットは当日16:30から窓口で販売

◆「未来館でクリスマス!」

【お絵かきクリスマス】
内容:専用の用紙にサンタクロースの絵を描いて、目の前の街にクリスマスの世界をつくる。
日時:12月17日(水)~25日(木)10:00~17:00(23日は20:00まで)
場所:1階コミュニケーションロビー
参加費:無料

【チームラボメンバーと巡る企画展ツアー】
内容:チームラボのブランドディレクターと、展示背景やコンセプトなどの解説を聞きながら企画展を巡るツアー。
日時:12月23日(火・祝)15:00~15:45、16:15~17:00
開催場所:企画展会場
定員:各回20名(当日13:00から配布する整理券が必要)
参加費:企画展入場料のみ

【チームラボカメラ Ver.ふなっしー】
内容:カメラの前で手をかざすだけで撮影できるチームラボカメラで、企画展オフィシャルサポーターのふなっしーと一緒に動画撮影できる。
日時:12月17日(水)~25日(木)10:00~17:00(23日は20:00まで)
場所:1階コミュニケーションロビー
参加費:無料
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)