神奈川県、県立高校改革に向け7つの重点目標を掲載

 神奈川県教育委員会は1月13日、県立高校改革の情報をホームページに掲載した。県立高校改革基本計画や改革の重点目標について、PDF形式で96ページにわたって紹介している。

教育・受験 学校・塾・予備校
県立高校間や教育機関等と連携する仕組み(コンソーシアム)による単位互換システム
  • 県立高校間や教育機関等と連携する仕組み(コンソーシアム)による単位互換システム
  • 「県立高校改革基本計画」の基本的な考え方
  • 改革の重点目標
  • ICT教育や専門教育に係る施設・設備の充実・改善
 神奈川県教育委員会は1月13日、県立高校改革の情報をホームページに掲載した。県立高校改革基本計画や改革の重点目標について、PDF形式で96ページにわたって紹介している。

 高校教育をめぐり、神奈川県では平成25年8月に神奈川の教育を考える調査会での「最終まとめ」で取組みの方向について意見が整理され、学識者や教育関係者、保護者・県民の代表からなる県立高校改革推進検討協議会が発足した。そこでより細部にわたる協議が行われ、平成26年6月に報告書として「県立高校の将来像について(報告)」が公表された。

 同教委では、これからの県立高校改革に向けて、「生徒の学びと成長にとって何が必要かという視点を最優先にする(スチューデント・ファースト)」という基本的な考え方に立って、すべての県立高校で改革に取り組むとしている。

 改革の3つの柱を具現化するために、7つの重点目標とそれぞれに重点項目を2~3設定。その中で改革の方向と主な取組み内容を記載している。たとえば、生徒の学力を伸ばす質の高い教育の実践に向けて、ICTを活用した効果的な授業の研究と実践などを盛り込んでいる。

 県立高校改革基本計画の概要と全文のほか、県立高校の将来像について(報告)の概要と全文は、県のホームページに掲載されている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)