【センター試験2015】理科(2)で得点調整、「生物」で8点の追加調整

 大学入試センターは1月23日、27年度センター試験の一部科目間で得点調整を行うことを発表した。得点調整が行われるのは、2日目に行われた理科(2)、新課程「物理」「化学」「生物」、旧課程「物理I」「化学I」「生物I」の6科目間が対象となった。

教育・受験 受験
大学入試センター、トップページ
  • 大学入試センター、トップページ
  • 換算表(画像は画面の一部)
 大学入試センターは1月23日、27年度センター試験の一部科目間で得点調整を行うことを発表した。得点調整が行われるのは、2日目に行われた理科(2)、新課程「物理」「化学」「生物」、旧課程「物理I」「化学I」「生物I」の6科目間が対象となり、最大8点の追加調整が行われた。

 大学入試センター試験実施要項によると、得点調整は、各科目間で本試験において原則として20点以上の平均点差が生じ、これが試験問題の難易度に基づくものと認められる場合に行われるとしている。ただし、受験者が1万人未満であった科目は対象とならず、今回は新過程「地学」および旧課程「地学I」が得点調整から外れることとなった。

 素点の換算表は大学入試センターホームページからPDFで閲覧できる。この得点調整を受け、今後各予備校はボーダーライン予想の変更を行う可能性がある。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)