勉強を教えてほしい芸能人、1位は「櫻井翔」

 小中高生が勉強を教えてほしい芸能人は、1位「櫻井翔(嵐)」、2位「北川景子」、3位「小島よしお」であることが、すららネットが1月27日に発表した「小中高生の勉強に関する意識調査2015」より明らかになった。

教育・受験 学習
画像はイメージです
  • 画像はイメージです
  • 学校の授業以外で勉強する時、よく使用するもの
  • 紙教材とデジタル教材ではどちらが勉強しやすいと思うか
  • 親に勉強を教えてもらうことはあるか
  • 勉強を教えてほしい芸能人は誰ですか?
 小中高生が勉強を教えてほしい芸能人は、1位「櫻井翔(嵐)」、2位「北川景子」、3位「小島よしお」であることが、すららネットが1月27日に発表した「小中高生の勉強に関する意識調査2015」より明らかになった。

 同調査は、小学4年生~高校3年生の男女を対象に実施し、659人の有効回答を得た。調査期間は2014年12月19日~2015年1月20日。

 授業以外で勉強するときによく使用するものは、1位「書籍(参考書・教科書)」56.4%、2位「パソコン」53.6%、3位「スマートフォン」26.1%。学校種別にみると、中高生は「書籍(参考書・教科書)」、小学生は「パソコン」が1位となった。また、トップ3には、中高生は「スマートフォン」、小学生は「タブレット端末」がランクインした。

 「紙教材」と「デジタル教材」では、どちらが勉強しやすいと思うか聞いたところ、「紙教材」49.3%と「デジタル教材」48.6%が、ほぼ半数ずつとなった。学校種別にみると、「デジタル教材」を選んだ割合が、小学生で70%、中学生で51.7%、高校生で27.1%。年齢の低い子どもほどデジタル教材を選ぶ傾向にある。

 親に勉強を教えてもらうことがあると回答した割合は54.2%に上り、子どもの年齢が上がるほどその割合は減少している。勉強を教えてくれる先生として親を評価するとしたら、100点満点中何点になるか聞いたところ、平均74.7点。学校種別にみると、小学校は79.8点、中学校は72.8点、高校は71.9点となった。

 小中高生が勉強を教えてほしい芸能人は、1位「櫻井翔(嵐)」、2位「北川景子」、3位「小島よしお」、4位「杏」、5位「ミッツ・マングローブ」がランクインした。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)