【大学受験2015】2/6は関東地方平野部で降雪量5センチ、上智・立教などの入試日

 気象庁が2月5日16時45分に発表した気象情報によると、関東甲信地方では6日未明にかけて、断続的に雪が降り、大雪となる所がある見込み。関東地方では、上智大学、立教大学、明治学院大学などで一般入試が予定されており、交通機関の乱れに注意したい。

教育・受験 受験
2/5、17時現在の東京都庁前の様子
  • 2/5、17時現在の東京都庁前の様子
  • 気象庁、2/6の天気予報
  • 気象庁、2/6関東の天気予報
  • 立教大学、2/6の入試について
  • 明治学院大学、2/6の入試について
  • 武蔵大学、2/6の入試について
 気象庁が2月5日16時45分に発表した気象情報によると、関東甲信地方では6日未明にかけて、断続的に雪が降り、大雪となる所がある見込み。関東地方では、上智大学、立教大学、明治学院大学などで一般入試が予定されており、交通機関の乱れに注意したい。

 気象庁の発表によると、関東の南東海上に発達中の低気圧が東北東に進んでおり、5日夜には日本の東の海上に進み、さらに発達する見込み。関東甲信地方では既に雪が降っており、山梨県や関東地方山沿いを中心に積雪となっている所があるという。

 また、5日17時現在、東京都、千葉県、山梨県、静岡県で大雪注意報が発表されており、千葉県、茨城県では暴風雪注意報が発表されている。今後は、低気圧や上空の寒気の影響で、関東甲信地方では6日未明にかけて、断続的に雪が降り、大雪となる所があるようだ。

 6日18時までの24時間に予想される降雪量は、長野県北部、関東地方北部山沿いで20センチ、箱根から多摩地方や秩父地方にかけて5センチ、甲信地方南部・関東地方平野部で5センチとなっている。

 6日は、上智大学、立教大学、日本大学、明治学院大学、神奈川大学、亜細亜大学、武蔵大学などで一般入試が行われる予定。立教大学は、6日より始まる一般入試について、各試験場へは10時までに入室するよう注意を促している。試験当日の交通機関の遅延等による試験時間の変更等がある場合は、大学のWebサイトで案内するという。

 武蔵大学は、6日に一般方式個別学部併願3科目型入試を実施。予定通り10時30分開始としているが、降雪や事故等による交通機関の乱れが発生した場合など、入学試験の実施に関する情報は、大学Webサイトに掲載すると案内している。

 明治学院大学は、2月6日朝に各種交通機関の遅延の可能性が予想されるとした上で、天候不順、交通機関の混乱等により、試験開始時刻を変更する場合は、入試当日の7時よりテレフォンサービスおよび大学Webサイトで知らせる。

 なお、そのほかの大学についても、大学Webサイトを確認し、入試関連の最新情報を確認したい。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)