【高校受験2015】鹿児島県公立高校入試出願状況(確定)、鶴丸は1.26倍

 鹿児島県教育委員会は2月24日、公立高校入試の出願状況(志願状況)の確定値を公開した。県全体では、学力検査定員11,551人に対し最終出願者数は10,678人、出願倍率は0.92倍と前年の0.96倍を下回った。

教育・受験 受験
志願状況(変更後)
  • 志願状況(変更後)
  • 学校別志願状況(一部)
  • 入試日程
 鹿児島県教育委員会は2月24日、公立高校入試の出願状況(志願状況)の確定値を公開した。県全体では、学力検査定員11,551人に対し最終出願者数は10,678人、出願倍率は0.92倍と前年の0.96倍を下回った。

 全日制に限定すると、県立で学力検査定員10,098人に対し最終出願者数は9,277人となり、倍率は0.92倍。市立は、定員1,375人に対し最終出願者数が1,353人の0.98倍となった。

 全日制の学校別倍率を見ると、鶴丸(普通)が1.26倍、甲南(普通)が1.46倍、鹿児島中央(普通)が1.39倍、鹿児島玉龍(普通)が1.31倍など。鹿児島中央は、前年の1.46倍を下回る倍率となったが、鶴丸、甲南、鹿児島玉龍は前年の倍率を下回った。

 今後の入試日程は、国語・理科・英語3教科の学力検査が3月5日、社会・数学の2教科が6日に行われ、3月13日が合格発表日となっている。
《湯浅大資》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)