自分で動くロボット 「Pepper」一般家庭向け販売は夏頃

デジタル生活 その他

「Pepper」
  • 「Pepper」
  • 「Pepper」
  • ワークショップコレクションでのPepper
  • ワークショップコレクションでのPepper
 ソフトバンクロボティクスは27日、本日10時に販売開始した感情認識パーソナルロボット「Pepper」が約1分間で完売したことを発表した。

 今回は、開発者向けにウェブサイトで販売。しかし、販売開始から約1分で販売予定数を上回る申し込みがあり、受け付けを終了した。予定数を上回ったため、抽選による販売となるという。

 「Pepper」は、高さ121センチ、重さ28キログラムの人型ロボット。周囲の状況を把握し、自律的に行動でき、「ロボアプリ」によってさまざまな機能を追加することも可能。本体価格は198,000円。別途、ロボット手続き手数料(9,800円)が必要。

 なお、次回生産分の販売は2015年夏頃で、一般家庭向けの販売を開始する予定。

販売開始1分で完売! 「Pepper」の初回生産分300台

《編集部@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)