東京都、公立小学校教師を志す学生に向けたハンドブックを作成

教育・受験 学校・塾・予備校

表紙
  • 表紙
  • 目次
  • 東京都の教師になるということ
  • 学校の1日
  • 実習生の1日
 東京都教育委員会は3月11日、公立小学校教師を目指す学生に向けハンドブックを作成し、ホームページに公開した。現職のアドバイスや、教師になるために学ぶことの具体的な方策をまとめている。

 都は、教師の能力の計画的な向上のため平成22年10月に公表した「小学校教諭教職課程カリキュラム」をもとに、平成23年度から学生に向けたハンドブックを作成しており、今回平成27年度版が発表された。

 教師として最低限必要な資質、能力を3領域17項目にまとめ、大学の養成課程で学ぶべきことが具体的に示されており、教師となるために活用してほしいとしている。

 ハンドブックでは、都の学力・体力向上のための取組みや指導体制の実例、学校での1日や1年のイメージが、現職のアドバイスを随所に添えて具体的に紹介されている。

 後半には、実践的な指導力を身につけるための教育実習のアドバイスや、採用選考に向けて過去2年間の問題を分析するなど、教師の養成課程と採用選考、採用後の育成を一体のものとしてとらえた内容となっている。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)