文科省、科学に親しむポスター「一家に1枚くすりの形」配布

教育ICT 行政

第56回科学技術週間ポスター
  • 第56回科学技術週間ポスター
  • 科学技術週間ホームページ
  • 「一家に1枚」ポスター例
  • 「一家に1枚」ポスター例
  • 「一家に1枚」ポスター例
  • 「一家に1枚」ポスター例
 文部科学省では、科学技術週間に合わせて「一家に1枚くすりの形」ポスターを発行すると発表した。学校でのサンプル配布や、科学館、博物館などで、無償配布を行う予定。以前に発行されていた「光マップ」と「周期表」の改訂版も製作された。

 科学技術週間は、科学技術について広い理解と関心を深め、日本の科学技術の振興を図ることを目的として昭和35年2月に制定されたもの。今回新しく製作されたのは、「一家に1枚くすりの形」「一家に1枚周期表(第8版)」「一家に1枚光マップ(第2版)」の3つ。

 「一家に1枚くすりの形」では、薬のカタチをとおして、化学構造式に興味を持ってもらうことが目的の1つ。一般的な薬の化学構造式と、その形を模したイラストが並べられている。同ポスターは、4月1日より科学技術週間のWebサイトで、ダウンロード方法や関連情報が掲載される予定。

 文部科学省では、多くの人に科学に親しんでもらうことを目的として、「一家に1枚」ポスターを発行している。これまでに、「たんぱく質」「鉱物」「太陽」「磁場と超伝導」「未来をつくるプラズママップ」「天体望遠鏡400年」「光マップ」「宇宙図2013」「ヒトゲノムマップ」「元素周期表」の10種類が作成、配布された。

 本年度の科学技術週間は、4月13日から19日までで、全国で関連行事が開催されるほか、「一家に1枚ポスター」も全国の科学館や博物館などで配布される。開催イベントや、ポスター配布施設は、科学技術週間のWebサイトで見ることができる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)