教育に対する公的支出割合が高い国ランキング…日本はTop10圏外

教育・受験 その他

教育に対する公的支出の割合が高い国ランキング
  • 教育に対する公的支出の割合が高い国ランキング
  • statista
 1万8,000以上の情報源からの統計を集めたポータルサイト「statista」は4月15日、教育に対する公的支出の割合が高い国ランキングを発表した。1位は「ニュージーランド」21.6%、日本は9.1%で11位となった。

 経済協力開発機構(OECD)の報告をもとに集計した結果、教育に対する公的支出の割合は近年増加しており、OECD平均は全体の公共支出の12.9%を占めるという。

 教育に対する公的支出の割合が高い国は、1位「ニュージーランド」21.6%、2位「メキシコ」20.5%、3位「ブラジル」19.2%、4位「韓国」16.5%、5位「スイス」15.7%。日本は9.1%で11位となり、教育に対する公的支出の割合がOECD平均以下であった。

◆教育に対する公的支出の割合が高い国ランキング
1位「ニュージーランド」21.6%
2位「メキシコ」20.5%
3位「ブラジル」19.2%
4位「韓国」16.5%
5位「スイス」15.7%
6位「アメリカ」13.6%
7位「イギリス」12.2%
8位「ドイツ」11.0%
9位「ロシア」10.9%
10位「フランス」10.2%
11位「日本」9.1%
12位「イタリア」8.6%
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)