関大、高校生や大学生対象の新事業のビジネスプラン募集6/13まで

教育・受験 学習

KUBICホームページ
  • KUBICホームページ
  • 「自由応募部門」過去の入賞作品
  • 「テーマ部門」テーマ一覧
  • 「テーマ部門」テーマ一覧
  • 本選会(2013年の様子)
  • 本選会(2013年の様子)
  • 本選会(2013年の様子)
  • 本選会(2013年の様子)
 関西大学商学部は、全国の高校生・大学生を対象にビジネスプラン・コンペティション「KUBIC2015」を開催する。個人もしくは8名以内のグループで応募可能で、6月13日まで受け付けている。書類審査通過者は、10月3日に開催される本選会へと進む。

 「KUBIC(Kansai University Biz Plan Competition)」は、同大学の教育理念実現のために商学部創設100周年記念事業として2006年に開始、今年で10周年を迎える。起業家教育を掲げ、高校生や大学生を支援する全国規模のビジネスプラン・コンペティションである。ビジネスプランの応募総数は、2013年が1,340件、2014年が1,593件にのぼる。

 応募資格は、「高校・高等専門学校の部」と「大学・大学院・一般の部」の2つ。自由な発想で考えた独自のビジネスプラン「自由応募部門」と、協賛企業が提示したテーマについてのビジネスプラン「テーマ部門」の2部門で、6月13日まで募集している。

 協賛企業は、江崎グリコ、グンゼ、日本経営、ハウス食品グループ本社、原田産業、富士ゼロックス、富士通、プロアシスト、夢の街創造委員会の9社。テーマ部門には合計40のテーマが設定されている。

 審査員は、関西大学や他大学の教員、大手企業、コンサルタント会社、ベンチャー企業、行政機関の担当者が務める。審査基準は、独創性や社会性、収益性など5項目。「ダブルブラインド方式」で、複数の審査員による審査が行われるという。

 1次・2次の書類審査を通過したビジネスプランは、10月3日に千里山キャンパスで開催される「本選会」に参加。公開プレゼンテーションを行い、各賞が決定する。各部門の優勝、準優勝をはじめ、各賞には副賞や特典が授与される。

◆KUBIC2015
応募資格:高校・高等専門学校の部/大学・大学院・一般の部
※応募は、個人・グループ問わず(グループの人数は最大8名まで)
※1人または1グループで複数件応募可
応募部門:テーマ部門/自由応募部門
応募方法:Webから応募用紙をダウンロードし、必要事項を記入のうえ郵送または持参
応募期間2015年4月1日(水)~6月13日(土)当日消印有効
※持参の場合は、6月13日(土)17:00まで
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)