【保護者の就活】選考と授業がかぶってしまった場合、どうしたらよいの?

教育・受験 その他

イメージ画像
  • イメージ画像
  • MyCareerCenter web
 就活生を持つ保護者の質問に、キャリアコンサルタントで就活情報サイト「MyCareerCenter web」を運営する高嶌悠人氏が答える連載「保護者の就活」。第50弾では、選考と授業が重なった場合の対応について聞いた。

◆選考と授業が重なることってよくあるの?

 就職活動をすれば必ず一度は起こってしまうことですね。最近の学生は、数十社の選考を受けるの当たり前にすらなっているので、調整する必要がでてくるのが一度や二度でおさまならないという学生も少なくないでしょう。

◆選考と授業が重なってしまった場合どうしたらよいのでしょう?

 当たり前ですが、調整するのは2つの方法がありますよね。1つは授業、あるいは、ゼミの方の担当の先生に状況を説明し欠席することを認めてもらうことです。ただ、多くの先生は就職活動を優先することをよく思わない場合が多いので、こちらは難しいかもしれません。

 もう1つは、選考を調整することです。多くの人は選考日程は調整ができないものと思っている場合が多いようですが、そんなことはありません。きちんと「授業があるため、調整が難しい」と伝えれば調整してもらえることが多いです。理由が理由なわけですから引け目を感じる必要もないので、きちんと説明して調整しましょう。

 ただ会社側の都合でしかないのですが、調整はできないと言われることもあります。多くの場合は大手企業や人気企業がそうなるのですが、その場合は個人の判断になります。

 私としては、選考を優先してほしいなと思います。どうしても休めない授業であればその限りではないのですが、就職活動としてその会社を受験できるのは一度しかないことですし、あきらめれば進路の選択肢が1つ減るわけですから。

 基本的には一度しかない就職活動ですので、納得いくまで就職活動に取り組んでほしいと思います。
---
 リセマム連載「保護者の就活」は、就活生や就活を控える学生の保護者からの質問に対し、キャリアコンサルタントであり就活塾「MyCareerCenter」代表でもある高嶌悠人氏がアドバイスや適切な回答を行うシリーズ。

 学生や保護者からの就活に関する質問は、「MyCareerCenter」お問い合わせフォームで随時送信が可能になっている。


《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)