【EDIX2015】実習機能を備えた情報教育支援eラーニング…eDC

教育ICT 学校・塾・予備校

実習機能を備えたeラーニングシステム
  • 実習機能を備えたeラーニングシステム
  • 講義画像を見ながら実習を行うことができる
 電子開発学園(eDC)は5月20日に開幕した第6回教育ITソリューションEXPO(通称EDIX)で、サーバー構築やプログラミング学習を支援するeラーニングシステムを展示している。自分の学習ペースに合わせ、場所を選ばず学習ができるeラーニングの利点に加え、実習機能も備えた点が特徴。

 eDCは、北海道情報大学や名古屋情報メディア専門学校を運営する学園法人電子開発学園などの法人グループ。ブースでは、北海道情報大学 通信教育部で導入されている情報大学独自のeラーニングシステムを公開している。

 同システムは、目次・索引・検索機能を備えた映像講義に加え、実際にシステム上でサーバー構築やプログラミング実習を行える機能を備えたもの。わからない用語があった場合は、随時確認ができる辞書機能も搭載している。

 eDCは教材として同様のeラーニングシステムを提携高校に無償で提供しており、情報処理技術者や医療情報基礎知識検定などの資格試験対策に備える情報教育支援も行っている。

 eDC メディア教育センター開発グループ 奥山尚史氏によると、映像や文章だけのeラーニングではなく、映像を見ながら学んだ手順を試すことができる実習機能も搭載したことで、学生から「わかりやすい」「覚えた気になっていたことを復習できる」といった声があがっているそうだ。

 EDIXは、5月22日まで東京ビッグサイトで開催される。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)