34大学が自慢の食品を販売「第8回大学は美味しい!!」に行ってきた

教育・受験 学校・塾・予備校

川村学園女子大学 学生が企画、開発したジャムを販売
  • 川村学園女子大学 学生が企画、開発したジャムを販売
  • 「第8回 大学は美味しい!!」フェア 会場 新宿高島屋
  • 日本大学生物資源科学部 ミントの生産から豚の飼育まで携わった学生が「日大ミンとん」を販売
  • 共愛学園前橋国際大学 地物のこんにゃく芋で「上州つけ麺」を企画、販売。国際社会学部の山崎さん
  • 共愛学園前橋国際大学 商品ブース
  • 石巻専修大学 サバを利用した「石巻・飯野川発サバだしラーメン」。経営学部 藤原さん
  • 新潟経済産業大学 縄文土器が出土される地域特性から、縄文クッキーを販売
  • 玉川大学 2014年に好評だったハチミツを使った製品を、2015年はさらに販売強化
 大学の教授と学生、企業が協力して開発した独創性のある食品が集まる「第8回 大学は美味しい!!」フェアが新宿高島屋11階催会場にて開催されている。全国から集まった34校が出展するほか、イートインスペースや全国醸造選手権ブースも併設。フェア期間は6月2日まで。

 プロジェクト88主催の「大学は美味しい!!」フェアは、今年で8回目を迎える。全国各地の大学・学部が自慢の「大学ブランド食品」を持ち寄り、展示や販売を行っている。

 開催期間中は、フェア特設WebサイトにてFacebookと連動した「応援されている大学ランキング」が随時公開されており、5月29日18時時点では日本大学生物資源科学部の「日大ミンとん」が一番人気。生物資源科学部は、学部単位での参加は今回が初。学生は「ミントを餌にして、大切に飼育した豚が皆さんの手に渡ることがとても嬉しい」と笑顔で販売を行っていた。

 2014年のランキング1位だった玉川大学は、先回評判だったというハチミツを販売。卒業生や企業、養蜂家や学生が一丸となって作り上げた「たまがわハニーアイスクリーム」は、2015年も売れ行きが好調のようだ。

 そのほか、実際に幼稚園や小学校の給食で提供が予定されている川村学園女子大学の「トマト&ニンジンジャム」、企業と大学が協力した信州大学の「えのきパイ」、新潟産業大学の「縄文クッキー」など、地域一体となって取り組んだ食品が数多く展示されていた。

 フェアでは飲食可能なお休み処や、フェア限定の「大学は美味しい!!」食堂も併設。宮崎大学牛乳ソフトクリームや、出展大学によるコラボ定食「東西ご千早定食」、共愛学園前橋国際大学の「上州つけ麺」、石巻専修大学の「石巻・飯野川発サバだしラーメン」、千葉大学の「ノンメタポークのチャーシュー麺」など、各大学が自信をもって送り出す1品が提供された。

 詳細はWeb特設サイトより閲覧でき、開催は6月2日午後6時まで。商品はWebより注文することもできるが、生産に携わった学生が販売を行い、熱意をもって来場者へ商品を紹介しているため、可能な場合は会場に足を運んでみてはいかがだろうか。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)