【夏休み】2020年度大学受験対策、中1向けクリティカルシンキング入門講座

教育・受験 学校・塾・予備校

夏の特別講座「クリティカルシンキング入門講座」
  • 夏の特別講座「クリティカルシンキング入門講座」
  • カリキュラム・担当講師
  • 映像授業・申込み~学習の流れ
  • クラス授業・新宿教室へのアクセス
 Z会は、中学生向けの夏の特別講座「クリティカルシンキング入門講座」を開講する。現在の中学1年生が最初の受験生となる2020年度実施の大学入試に向けて、「21世紀型学力」の養成に必要な力を鍛える講座だという。映像授業と、クラス授業で受講できる。

 同講座では、多様な観点から柔軟に物事を考察する「複眼的思考力」や、情報が正しいかを検証し、自ら論理を組み立てる力「論理的思考力と批判的考察力」、問題の本質を捉えて解決へと導く力を「問題発見力」、考えた内容を論理的に組み立て、文章により他者に使える力「論理伝達力」が得られる。このような力は、これからの高校入試・大学入試で必要とされるだけでなく、社会に出てから自ら考え判断するための土台にもなるという。

 担当講師は、Z会東大進学教室で小論文講座を担当する小柴大輔講師。全3回の授業では、課題の分析方法からアイディアの出し方、書き方まで詳しく指導してくれるほか、答案作成では中学生が作成した答案例も取り上げることにより、さまざまな考えを知ることができる。

 映像授業は、パソコンやタブレットで視聴できる。映像講義を視聴して、添削課題を提出する。映像配信期間は7月21日~9月30日まで。120分授業が3回行われるが、各回は「チャプター」で区切られているので、配信期間内であれば好きなときに好きな量だけ学習できる。受講料は4,860円(税込)。Z会の映像Webサイト、もしくは電話で申込みを受け付けている。申込期間は8月31日まで。

 クラス授業は、8月25日~27日の3日間、Z会の教室「新宿教室」で受講できる。180分1回の3日セットで、1日だけの受講も可能だが、3日セットでの受講をすすめている。講義を受けて、添削課題を提出するだけでなく、グループワークやディスカッション、プレゼンテーションも行う。受講料は1日3,500円(税込)だが、現Z会の教室本科生とZ会会員は1日3,000円で受講できる。Z会の教室Webサイト、もしくは電話で申込みを受け付けている。申込期間は8月27日までだが、定員になり次第、締切りとなる。

◆夏の特別講座「クリティカルシンキング入門講座」
【映像授業】
授業回数:120分×3回
※各回はさらに「チャプター」に区切られているので、配信期間内であれば好きなときに好きな量だけ学習可能
受講料:4,860円(税込)
映像配信期間:7月21日(火)~9月30日(水)
申込み:Z会の映像Webサイト、電話で受付
申込期間:6月1日(月)~8月31日(月)
※動作環境はWebで公開されているので、事前に確認が必要
【クラス授業】
授業回数:180分×1回の3日セット
※1日ごとの申込みも可能だが、3日セットの受講を推奨
受講料:3,500円(税込)×3日
※現Z会の教室本科生とZ会会員は3,000円(税込)×3日で受講できる
開催日時:8月25日(火)・26日(水)・27日(木)13:00~16:00
開催場所:Z会の教室 新宿教室
申込み:Z会の教室Webサイト、または電話で受付
申込期間:6月1日(月)~8月27日(木)※定員になり次第、締切り
※そのほか、夏前に開催する講座や特別企画などと一緒に申込みできる
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)