マイクロソフト、大画面コラボレーションデバイスを発売

教育ICT その他

Microsoft Surface Hub
  • Microsoft Surface Hub
  • 主な機能
  • 55インチと84インチの2機種
  • Microsoft Surface Hub
 マイクロソフトは6月11日、新たな大画面コラボレーションデバイス「Microsoft Surface Hub」の法人向け受注を7月1日より24か国で開始すると発表した。予定参考価格は55インチが6,999米ドル。ホワイトボード機能やビデオ会議などを備え、文教向けにも活用できそうだ。

 Surface Hubは、インクとタッチ向けに高い応答性のある画面により、100か所のマルチタッチと最大3つの同時ペン入力が可能な光学接着型ディスプレイ、1080pの前面ビデオカメラ2機、ビデオ会議で背景ノイズをキャンセルするための4機構成によるマイクアレイが統合されている。また、起動画面からホワイトボード機能やビデオ会議、コンテンツや画面の共有などを容易に始めることができる。

 Surface Hubと関連アクセサリーの受注は7月1日に開始し、米国、カナダ、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フランス、フィンランド、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、ルクセンブルグ、オランダ、ニュージーランド、ノルウェイ、ポルトガル、カタール、シンガポール、スペイン、スウェーデン、スイス、アラブ首長国連邦、英国の24か国で9月から提供される。予定参考価格は、55インチが6,999米ドル、84インチが19,999米ドル。

 なお、日本での発売時期や価格、販売方法などに関しては、確定次第正式に発表するという。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)