平成29年開校「横浜サイフロ中」の学校説明会8月に4会場で実施

教育・受験 学校・塾・予備校

横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(仮称)学校説明会
  • 横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(仮称)学校説明会
  • 会場案内と申込方法
  • 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校
 横浜市は平成29年4月に開校予定の横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(仮称)の学校説明会を8月に鶴見公会堂など4会場で実施する。対象は小学生(主に5年生)とその保護者。先着順で応募締切は7月21日。定員を超えると、他会場になる場合がある。

 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校は、平成21年に「日本の将来を支える論理的な思考力と鋭敏な感性を育み、先端的な科学の知識・技術、技能を活用して、世界で幅広く活躍する人間を育成する」ことを教育理念に開校。平成22年度にスーパー・サイエンス・ハイスクール、平成26年度にはスーパー・グローバル・ハイスクールに指定されている。

 これらの「サイエンスの考え方」を早い段階からを育むほか、経済的な負担の少ない公立中高一貫教育に対する市民の要求に応えるため、附属中学校を併設した中高一貫教育を導入する。学校の規模は2学級(高校は6学級)で、附属中学校の生徒は入学者選抜を行わず、高校に進学できる。

 説明会は対象居住区ごとに、8月8日に鶴見公会堂、22日に保土ヶ谷公会堂、23日に磯子公会堂、29日に港北公会堂の4会場で行われる。原則、居住区で申込みをするが、都合が付かない場合は他会場への申込みも可能。各日とも説明会は4回実施するが、時間の指定はできない。

 申込みは、往復はがきに申込者氏名、申込者住所、電話番号、希望会場、参加人数(座席が必要な全員の人数)、参加する小学生の学年と人数と返信面にあて名を記入し、横浜市教育委員会に郵送する。締切りは7月21日の消印まで有効。

 附属中学校の開校までのスケジュールは、平成28年6月に入学者募集案内を配布、11月に志願の手続き・受検案内配布。平成29年2月に適性検査を経て、4月に開校する。

◆横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校附属中学校(仮称)学校説明会
時間:10:00~11:00、11:40~12:40、13:20~14:20、15時~16時(時間指定はできない)
【鶴見公会堂】
日時:8月8日(土)
対象居住区:鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区
【保土ヶ谷公会堂】
日時:8月22日(土)
対象居住区:保土ケ谷区・旭区・泉区・瀬谷区磯子公会堂
【磯子公会堂】
日時:8月23日(日)
対象居住区:港南区・磯子区・金沢区・戸塚区・栄区
【港北公会堂】
日時:8月29日(土)
対象居住区:港北区・緑区・青葉区・都筑区
申込方法:往復はがきに必要事項を記入し、横浜市教育委員会に郵送する
申込締切:7月21日(火)、定員を超えた場合は希望意外の会場になる場合がある
《田中志実》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)