Z会、学校関係者向けICT活用可能性を考える対談8/7

教育ICT 学校・塾・予備校

「教育×ICT これからの学びのスタイル」~学校でのICTを活用の可能性を考える~
  • 「教育×ICT これからの学びのスタイル」~学校でのICTを活用の可能性を考える~
  • 会場へのアクセス
 デジタル・ナレッジは8月7日、Z会経営戦略部ICT統括室の草郷雅幸氏と、Z会ラーニング・テクノロジ代表取締役社長の工藤敏幸氏によるスペシャル対談「『教育×ICT これからの学びのスタイル』~学校でのICT活用の可能性を考える~」を開催する。

 Z会はこれまで、タブレットを利用したデジタルでの学習サービスを導入してきた。従来の学習にICTを組み合わせることにより、これまでの通信教育では実現できなかった新しい教育サービスを提供できるようになったという。

 対談は学校関係者を対象としており、教育にICTを活用することで学習者ひとりひとりに適した教育を実現し、意欲と学習効果を高める学習スタイルづくりに挑戦したZ会の実践事例について紹介する。

 同イベントは、8月6日・7日の2日間にわたって開催されるデジタル・ナレッジのイベント「学習スタイル・コーディネート」内で実施する。費用は無料だが、事前の申込みが必要。先着40名限定となっている。イベント参加者には、さまざまなスタイルをまとめた最新の「学習スタイルブック」がプレゼントされる。

◆「教育×ICT これからの学びのスタイル」~学校でのICT活用の可能性を考える~
日時:8月7日(金)14:35~15:25
会場:デジタル・ナレッジeラーニング・ラボ 秋葉原
定員:40名限定(先着順)
費用:無料(要予約)
申込み:Web申込みフォームより
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)