図書館で調べる学習コンクール、9/15より作品募集

教育・受験 学習

第19回図書館を使った調べる学習コンクール
  • 第19回図書館を使った調べる学習コンクール
  • 募集部門・賞と副賞
  • 第18回入賞作品
  • 応募総数の推移
 図書館を使った調べる学習コンクールでは、9月15日~11月30日に作品を募集する。作品のテーマは自由で、小学1年生以上ならだれでも応募できる。2016年1月13日に結果を発表予定。応募者全員に参加賞を進呈する。

 同コンクールは、図書館振興財団が図書館を使った調べる学習の普及を目的に、1997年より毎年実施しており、今回で19回目を迎える。2014年度は5万7,070作品の応募があり、入賞10作品がコンクールのWebサイトにて電子書籍形式で公開されている。

 募集部門は大きく分けて「調べる学習部門」「調べる学習英語部門」「調べる学習指導・支援部門」の3つの部門。テーマは自由で、小学1年生以上ならだれでも応募できる。住んでいる地域でコンクールを開催している場合は、そちらへ応募すること。

 作品の形態は、小学生がB4サイズ以内、中学生以上がA4サイズ以内の紙に目次、参考文献一覧のページ数は含まず1~50ページにまとめる。ただし、応募者自身のオリジナルで未発表の作品に限る。

 なお、同コンクールのWebサイトでは、調べ学習の進め方や参考文献リスト用紙、応募カードの書き方、Q&A、過去の作品検索機能などを提供している。

 審査の後、2016年1月13日に結果を発表予定。入賞と優秀賞、奨励賞には副賞として図書カードを進呈するほか、応募者全員に参加賞を進呈する。

◆第19回図書館を使った調べる学習コンクール
募集期間:2015年9月15日(火)~11月30日(月)必着
募集部門:「調べる学習部門」「調べる学習英語部門」「調べる学習指導・支援部門」
応募方法:小学生がB4サイズ以内、中学生以上がA4サイズ以内の紙に1~50ページ(目次、参考文献一覧のページ数は含まず)にまとめる。
応募資格:小学1年生以上ならだれでも応募できる
結果発表:2016年1月13日(水)
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)