【大学受験2016】立教、2言語同時学習コースを新設

教育・受験 受験

立教大学異文化コミュニケーション学部
  • 立教大学異文化コミュニケーション学部
  • DLPの入試概要
 立教大学異文化コミュニケーション学部は、英語で学部専門科目の卒業要件単位を修得するコース「Dual Language Pathway」(DLP)を2016年度に新設する。DLPは2015年秋に新たに実施される「国際コース選抜入試」に合格した学生がおもな対象となる。

 立教大学は、2014年5月に公表した国際化戦略「Rikkyo Global 24」を基盤とした構想が、文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援(グローバル化牽引型)」に採択された。DLPの新設は、この構想の一環として実施するもの。

 DLPは、英語だけを使って学ぶ「English Track」とは異なり、日本語と英語を同時に使いながら学ぶ経験を通して「2つの言語で意思疎通が図れる、教養ある人材」を目指す。卒業に必要な専門科目をすべて英語で学び、日本語による科目は各学生の興味関心により科目を履修する。2年次秋学期には学部間協定大学へ1年間の長期留学を経験。卒業研究(論文)は英語で完成させる。

 DLPの入試日程は、出願期間が9月25日~10月2日、第1次選考合格発表が10月30日、第2次選考が11月22日、合格発表が12月7日。15名程度を募集する。評定や英語能力の出願資格基準を設けている。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)