8/16打上げ「こうのとり」、油井氏がキャプチャーを担当

生活・健康 その他

「こうのとり」5号機
  • 「こうのとり」5号機
  • 宇宙ステーション補給機「こうのとり」について
 JAXAは7月28日、宇宙ステーション補給機「こうのとり」5号機の把持・国際宇宙ステーション(ISS)への結合日を発表。把持(キャプチャー)は8月20日、ISS滞在中の油井宇宙飛行士が行う予定となっている。

 8月16日に種子島宇宙センターから打上げ予定の「こうのとり」5号機。把持(キャプチャー)は8月20日、ISSへの結合は21日とすることが、国際調整により決定された。把持を担当するのは、7月23日にISSに到着した油井亀美也宇宙飛行士。地上でISSとの交信を担当する若田宇宙飛行士のサポートのもと、日本人宇宙飛行士として初めてISSのロボットアームを操作し行われる。

 ISSでは、油井宇宙飛行士ら長期滞在クルーが物品の移動を行い、「こうのとり」5号機の搭載品を受け入れる準備が進められているという。

 その後、「こうのとり」5号機は9月27日にISSから分離され、28日には大気圏へ再突入する予定。JAXA「こうのとり」5号機の特設サイトでは、「こうのとり」5号機に関するさまざまな情報を発信している。
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)