【夏休み】神戸どうぶつ王国ナイトズー…ワオワオアイランド初開催

趣味・娯楽 その他

神戸どうぶつ王国「サマーアニマルナイト」
  • 神戸どうぶつ王国「サマーアニマルナイト」
  • シンボルツリー(ヤマモモの木)
  • フクロウ記念撮影
  • ナイト・アルパカお散歩
  • 夜行性のカンガルー
  • ウォーターリリーズ
  • レストランエリア
  • ファイナル・ナイト・バードパフォーマンスショー
 神戸どうぶつ王国では、8月中の土・日曜と13日から16日のお盆期間、午前9時から午後9時までのナイト営業を実施する。フクロウとの記念撮影や、ナイトバードショーなど、夜だけのイベントも開催される。

 同園では、ナイト営業期間中の夜間を「サマーアニマルナイト」と称し、屋内エリア(インサイドパーク)を見ることができる。パーク内は、間接照明の薄明かりの中、日中とは別世界の、夜にしか見られない動物たちや花々の世界を感じることができるという。

 「恋人の聖地」の愛の鳥かごの前にはダンスホールが再現され、午後7時から1組300円でフクロウとの記念撮影が行われるほか、ミーアキャットやシロフクロウなどがサプライズで登場する。

 園内では、午後5時半からアルパカの「りく」や「ゆきみ」が散歩するようすを見ることができるほか、ワオキツネザルが餌を食べるようすを見学する「ワオワオアイランド ナイト探検」を初めて開催。活動的に動くワオキツネザルを見ることができるという。さらに、ハシビロコウや、カピバラ、カンガルーなど夜行性の動物や、オットセイやペリカンなども、ライトアップされた幻想的な雰囲気の中で見ることができる。

 サマーアニマルナイトのフィナーレは、午後8時半からの「バードパフォーマンスショー」。鳥たちによるさまざまなパフォーマンスが行われる。園内はライトアップされ、100種200鉢の睡蓮が咲くウォーターリリーや、メインロビーのフラワーシャワーなどが光の空間に包まれる予定。

 また、レストランエリアには、光のオブジェを囲むように円柱形の蚊帳が設置され、ハーフビュッフェ形式の食事が楽しめるという。

 「サマーアニマルナイト」は、8月中の土日曜とお盆期間(8月13日から16日まで)に開催。入れ替え制なしで楽しめる。動物の体調などにより、予告なく内容が変更・中止になる場合もある。また、アウトサイドパークは午後6時で閉園となる。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)