【夏休み】3人1組で挑む「写真甲子園2015」、北海道にて開幕

趣味・娯楽 その他

写真甲子園2015
  • 写真甲子園2015
  • 立木義浩審査委員長
 写真甲子園実行委員会が運営する、第22回全国高等学校写真選手権大会「写真甲子園2015」の本選が、8月4日から7日にかけて北海道東川町にて開催され、全応募校の作品は8月9日まで、本戦出場校の本戦作品は9月5日から10日まで展示される。

 「写真甲子園」は、高校生が3人1組でチームを組み、組写真で競い合うフォトコンテストとなっており、2015年で22回目の開催となる。本戦では、審査を通過した代表校が北海道に集結し、全校同一条件のもと、デジタルカメラで撮影を行う。

 2015年は、全国11ブロック514校の中から18校が本戦に進んだ。本戦大会では、審査委員長の立木義浩氏をはじめ、6名の審査委員が作品へのアドバイスを行いながら公開で審査する。なお、この本戦審査会と表彰式・閉会式は一般にも公開され、YouTubeでのライブ配信も予定されている。

 また、写真甲子園2015全応募校作品は、8月4日から9日まで東川町農村環境改善センターにて展示され、本戦出場校の本戦作品は9月5日から10日まで文化ギャラリーにて展示される。

◆「写真甲子園2015」本戦
会期:8月4日(火)~8月7日(金)
会場:東川町農村環境改善センター、文化ギャラリー
出場校:
【北海道ブロック】北海道岩見沢高等養護学校・北海道尚志学園高等学校
【東北ブロック】青森県立弘前高等学校・宮城県白石工業高等学校
【北関東ブロック】埼玉県立芸術総合高等学校・埼玉栄高等学校
【南関東ブロック】千葉県立四街道高等学校・千葉県立松戸南高等学校
【東京ブロック】東京都立小石川中等教育学校・東亜学園高等学校
【北陸信越ブロック】富山県立富山東高等学校
【東海ブロック】光ヶ丘女子高等学校・愛知県立津島東高等学校
【近畿ブロック】大阪府立生野高等学校・和歌山県立神島高等学校
【中国ブロック】山口県立下松高等学校
【四国ブロック】香川県立坂出商業高等学校
【九州ブロック】沖縄県立浦添工業高等学校
《森井ゆか》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)