法務省、マンガや動画の子ども向け人権ページ開設

生活・健康 その他

マンガで考える「人権」 法務省Webサイトより抜粋
  • マンガで考える「人権」 法務省Webサイトより抜粋
  • 法務省
 法務省は、同省ホームページ内に子ども向け人権啓発コンテンツ「子どもの人権を守ろう」を新たに開設した。「人権」について、キャラクターやマンガ、動画など子どもたちが接しやすいモチーフを用いて考えるきっかけを提供している。

 同コンテンツでは、人権イメージキャラクターの「人KENまもる君・人KENあゆみちゃん」がナビゲーターを務め、「人権ってなんだろう」「人権を大切にするってどういうこと?」など、人権について子どもたちに自分のこととして考えることを促す内容となっている。

 また、子どもたちにわかりやすいように「マンガで考える人権」を掲載。社会問題となっているいじめや男女の働き方のほか、高齢者や障害のある人への思いやり、インターネットの正しい使い方などを取り上げ、人権を守るということについてさまざまな視点から描いている。

 さらに、いじめについての動画や、全国中学生人権コンテストの紹介、スポーツ組織や吉本興業、映画との連携など、法務省が取り組んでいるさまざまな人権に関する活動を紹介し、子どもたちに興味を持ってもらうための内容をまとめている。サイト内では、いじめやインターネットなど子どもの人権に関する相談窓口も紹介している。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)