中村修二、宮本亜門らが大学生と徹底討論…参加募集

教育・受験 学習

FMフェスティバル2015 未来授業
  • FMフェスティバル2015 未来授業
  • 2014年度ノーベル物理学賞受賞者・中村修二
  • 演出家・宮本亜門
  • 日本紛争予防センター理事長・瀬谷ルミ子
  • 京都大学総長・山極壽一
  • 作家・藤沢周
 TOKYO FMをはじめとするJFN38局では、日本を代表する“知のフロントランナー”と現役大学生が徹底討論する公開型インタラクティブ授業「三井住友フィナンシャルグループ presents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ」を全国3会場にて開催する。

 未来授業は、若い世代に自らの力で革新を起こすよう触発する「知性・感性・野性」を刺激する知のエンターテイメント授業。6回目を迎える2015年は、2014年度ノーベル物理学賞受賞者の中村修二、演出家の宮本亜門、日本紛争予防センター理事長の瀬谷ルミ子、京都大学総長の山極壽一、作家の藤沢周の5名が講師として登壇する。

 今回の授業テーマは「戦後70年のイノベーション~新しいニッポン人の突破力~」。5名の講師が、それぞれの専門分野で培った豊かな知見に基づいて、若者たちが乗り越えるべき「壁」を検証し、その「壁」を突破するヒントをともに探るという。

 開催会場は、10月3日・東京、10月18日・大阪、10月22日・新潟の3会場。東京会場では、中村修二、宮本亜門、瀬谷ルミ子による授業が、大阪会場では山極壽一による授業が、新潟会場では藤沢周による授業が行われる。なお、現在ホームページにて各会場の参加大学生を募集中。各会場定員に達し次第受付を締め切るため、講師たちと直接討論できる貴重な機会も締め切りがせまっているという。

 また、11月3日には、TOKYO FMをはじめとするJFN38局にて脳科学者の茂木健一郎が総合司会を務めるスペシャルプログラム「三井フィナンシャルグループpresents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ」を放送する。毎年白熱する未来授業、講師と大学生による熱い討論から今年はどんな化学反応が生まれるのか、楽しみな企画となっている。

◆三井フィナンシャルグループpresents FMフェスティバル2015未来授業~明日の日本人たちへ「戦後70年のイノベーション~新しいニッポン人の突破力~」
対象:大学生・大学院生、または大学生と同年代
定員:各会場200~300席程度を想定
応募方法:ホームページの応募フォームより申し込む(定員に達し次第締切)

【東京会場】
日時:10月3日(土)12:30開場、13:00開演
会場:TOKYO FMホール
講師:中村修二
テーマ:日本にこのまま留まるつもりの人へ
講師:宮本亜門
テーマ:ライブが新たに求められることは
講師:瀬谷ルミ子
テーマ:平和をつくる、紛争解決という仕事

【大阪会場】
日時:10月18日(日)13:30開場、14:00開演
会場:グランフロント大阪 カンファレンスルームタワーC8階「ROOM C01」
講師:山極壽一
テーマ:サル化する人間社会 この危機を乗り越えるニッポン人の突破力

【新潟会場】
日時:10月22日(木)18:30開場、19:00開演
会場:新潟LOTS
講師:藤沢周
テーマ:戦後70年、これからのニッポン、ニッポン人に必要な文学の突破力

◆スペシャルプログラム
三井フィナンシャルグループpresents FMフェスティバル2015 未来授業~明日の日本人たちへ
放送日時:11月3日(火・祝)16:00~19:00
放送局:JFN38局
番組総合司会:茂木健一郎
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)