CA Tech Kids全国へ…主婦による自宅型スクールもFC展開

 小学生向けプログラミング教育事業を行うCA Tech Kidsは、運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」について2016年1月から新たに4地域にスクール開講するほか、2月より自宅開講型スクール事業を開始し、全国展開を強化すると発表した。

教育ICT 小学生
Tech Kids School
  • Tech Kids School
  • 自宅開講型小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids Home Teacher」イメージ
  • Tech Kids Schoolでの学びのようす
 小学生向けプログラミング教育事業を行うCA Tech Kidsは、運営する小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids School」について2016年1月から新たに4地域にスクール開講するほか、2月より自宅開講型スクール事業を開始し、全国展開を強化すると発表した。

 「Tech Kids School」は、小学生を対象とした国内初のプログラミングスクールとして2013年に東京渋谷で開講。現在、大阪梅田校、沖縄那覇校と3拠点で合計440名以上の生徒に継続的にプログラミング学習を提供している。また、学校や自治体での出張プログラミング授業を通じてこれまで述べ8,000名以上の小学生にプログラミング学習の機会を提供してきた。

 2016年1月に新たに開講するスクールは、東京・二子玉川校、名古屋・名駅校、福岡・天神校、神戸・三宮校の4校。現在の拠点を含め、計6都府県7地域に展開することとなる。新規開講スクールでは、1月からの新規入学生徒を募集しているほか、無料の体験相談会などを実施。12月15日までの早期申込特典も用意しており、詳細はTech Kids Schoolのホームページで確認できる。

 加えて2016年2月からは、おもに主婦など一般の女性が講師となって自宅で小学生にプログラミングを教える、フランチャイズ形式(FC)の自宅開講型小学生向けプログラミングスクール「Tech Kids Home Teacher」を新たに開始。対象は小学1年生~6年生で、Tech Kids Schoolでも使用している米国マサチューセッツ工科大学で開発されたプログラミング学習用ソフトScratchなどを用いて、週1回のペースでプログラミング学習を提供する。

 子どもへのプログラミング教育が注目を集めている中、いまだ学習機会の多くは関東地方に集中しているという。このたびの自宅開講型スクールの導入は地方におけるプログラミング学習機会の創出をねらいとしており、開始段階では関東近郊にて10名程度の女性講師を募集、試験的に開講し、その後順次全国に拡げ2020年には全国3,000か所への展開を目指す。

 CA Tech Kidsでは、今回の取組みを全国展開への第一歩とし、地方におけるプログラミング学習のさらなる機会創出と普及に一層努めていきたいとしている。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)