ティーンが紹介、クルトガほか「技あり」文房具

生活・健康 高校生

ティーンの購買意欲を刺激する「技あり!」文房具
  • ティーンの購買意欲を刺激する「技あり!」文房具
以前、ご紹介したシャープペンシル「クルトガ」(三菱鉛筆株式会社)は、文字を書くたびに芯が回転し、芯先がいつも尖っているという優れものでした。今回は「これからティーンにヒットしそうな文房具」と題してこれから人気が出そうな「技あり!」文房具をご紹介いたします。




キャップを閉め忘れても「安心してください!」
「シャーペンの芯がポキポキ折れる」「蛍光ペンのキャップを閉め忘れて、書けなくなっちゃった」。まずは、そんな悩みを解決する優れもののペンから見ていきましょう。
シャープペンシル「デルガード」(ゼブラ株式会社)は、ペン先をスプリングで伸び縮みさせる機構により、筆圧が強い人が使っても芯が折れにくい構造です。書いている途中で折れた芯が飛んだり、ペン先が目詰まりしたりしません。授業の板書に便利なのはもちろん、期末試験など大事な場面でもしっかり働いてくれますよ。
蛍光ペンの「テキストサーファーゲル」(ステッドラー日本株式会社)は、キャップを外したまま2~3日放置してもペン先が乾かない優れもの。発色の良さとなめらかな書き心地も実現しています。
筆記具を使う頻度がダントツに高いティーンのみなさんにとって、嬉しい画期的な機能を備えたアイテムですよね!

板書を写すときもルーズリーフは綴じたまま!
「ルーズリング」と「ルーズリングジッパー」(カール事務器株式会社)は、ルーズリーフ用紙をリングだけで綴じる便利商品。どのページも360度開くから、書き込むときリングに綴じたまま無理なく書けちゃう。一般的なルーズリーフに比べて安価なのも魅力的です。
また、鉛筆けずり「ケズリキャップ」(シヤチハタ株式会社)は、飲み終わりのペットボトルを再利用し、削りクズをまとめて処分できるというもの。従来品はクズを捨てる際に中身が散らばりやすく、部屋を汚してしまうことが多かったのですが、これなら不器用な人でも簡単に削りカスを捨てられますね。

進歩はこの先も続く!
世の中には様々なアイデアから生まれた文房具が数多くあります。上記で紹介したもの以外にも工夫を凝らした商品が販売されていますので、文房具屋さんや大型書店に立ち寄った際は是非、注目してみてくださいね!
ライター:浜瀬将樹(SHUTTER)

ティーンの購買意欲を刺激する「技あり!」文房具

《マイナビティーンズ》

関連記事

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)