【春休み2016】サンコン氏も登場、多摩動物公園でアフリカを感じよう

趣味・娯楽 未就学児

アフリカフェア in 多摩動物公園ポスター(イメージ) (c) 公益財団法人東京動物園協会
  • アフリカフェア in 多摩動物公園ポスター(イメージ) (c) 公益財団法人東京動物園協会
  • 東京ズーネット 多摩動物公園
 多摩動物公園では3月26日・27日の2日間、「アフリカフェア in 多摩動物公園」を開催する。約20か国(予定)のアフリカ各国大使館が参加し、オスマン・サンコン氏らが参加する記念シンポジウムや、アフリカ料理や特産品の提供などを行う。

 「アフリカフェア in 多摩動物公園」はアフリカ各国の動物や文化などを紹介し、アフリカを身近に感じることができるイベント。東京2020オリンピック・パラリンピックの開催を見据え、アフリカ各国との友好を深めるきっかけにしてほしいという。

 開催初日となる3月26日には、記念シンポジウム「野生動物のふるさとアフリカの今とこれから」が行われる。シンポジウムには、元ギニア親善大使のオスマン・サンコン氏やWildlife Conservation Societyコンゴ共和国・自然環境保全技術顧問の西原智昭氏、多摩動物公園長の福田豊氏らが出演し、オープニングセレモニーのほか、基調講演やパネルディスカッションを行う。シンポジウムの定員は120名。3月10日(消印有効)まで、往復はがきによる参加申込みを受け付けている。

 アフリカ園内では、在京アフリカ外交団などの協力のもと、アフリカ各国の野生動物や観光情報の紹介、アフリカの特産品や料理の提供などを行う。アフリカ各国の紹介ブースも設置される。ほかにも、クイズラリーやアフリカ音楽の演奏、ガイドツアーなども開催する。

 さらに多摩動物公園のほか、上野動物園、井の頭自然文化園、葛西臨海水族園と連携したスタンプラリーも実施する。開催期間は3月12日~3月27日。抽選で100名にアフリカに関連する記念品がプレゼントされる。

◆アフリカフェア in 多摩動物公園
【記念シンポジウム「野生動物のふるさとアフリカの今とこれから」】
日時:3月26日(土)11:30~16:00
場所:多摩動物公園ウォッチングセンター内 動物ホール
定員:120名
応募方法:往復はがき(1枚につき4名まで)
締切り:3月10日(木)消印有効
【アフリカ各国紹介ブース】
日時:3月26日(土)11:30~16:00、3月27日(日)9:30~16:00
場所:多摩動物公園 アフリカ園内

◆スタンプラリー
開催期間:3月12日(土)~27日(日)
場所:恩賜上野動物園、多摩動物公園、井の頭自然文化園、葛西臨海水族園
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)