4年ぶりの日食を見よう、三重大学で観望イベント3/9

教育イベント 小学生

 三重大学では、日食を観望するイベント「日食を見よう!」を、3月9日学内で開催する。当日配布する日食グラスや望遠鏡などを使って、約4年ぶりとなる日食の観察を行う。参加無料。予約不要。開催時間中はいつ来場しても参加できる。

 3月9日の日食は、インドネシアから南太平洋にかけては皆既日食となり、日本では部分日食として見ることができる。日本で日食を見られるのは、2012年5月21日の金環以来約4年ぶり。日食は午前10時6分ごろから始まり、終了は午前11時56分ごろ。面積は最大14%欠けると予想されている。

 イベント当日は日食グラス(メガネ)を配布予定。望遠鏡やピンホールを用いた日食観察も行う。参加は無料で、予約は不要。開催場所は三翠ホール周辺で、開催時間中の来場は自由。三重大学学生や教職員、および市民一般は誰でも参加できる。

◆第21回観望会「日食を観よう!」
日時:3月9日(水)10:00~12:00※時間中はいつ来場しても参加可能
場所:三重大学三翠ホール周辺
※参加無料、予約不要
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)