【高校受験2016】兵庫県公立高校入試3/12、電子版神戸新聞も解答速報

教育・受験 中学生

「神戸新聞NEXT」の試験問題・解答速報ページのイメージ
  • 「神戸新聞NEXT」の試験問題・解答速報ページのイメージ
  • 神戸新聞NEXTの高校受験特集
  • サンテレビの「2016年兵庫県公立高校 入試解答速報」
 兵庫県公立高校入試が3月12日に行われるのに合わせて、神戸新聞は同日夕方から、電子版「神戸新聞NEXT(ネクスト)」において県内公立高校入試の問題と解答を速報する。県内公立高校入試については、サンテレビでも同日午後7時より解答速報番組を放送する。

 兵庫県教育委員会が3月4日に発表した出願状況確定数によると、平成28(2016)年度兵庫県公立高校入学者選抜の出願状況は全日制の募集定員24,705人に対し、志願者27,215人、出願倍率1.10倍。学校別では、神戸(普通)1.20倍、兵庫(普通)1.49倍、加古川東(普通)1.18倍、小野(普通)1.01倍など。各学校・学科ごとの志願状況や倍率は兵庫県教育委員会Webサイトで確認できる。学力検査は3月12日、総合学科の実技検査は3月13日に行われる。合格発表は3月19日。

 神戸新聞が高校入試の問題と解答を速報するのは初めて。試験日当日の12日夕方から夜にかけて、電子版「神戸新聞NEXT」で国語、数学、社会、理科、英語の5教科の問題と解答を随時掲載していく。同日夜には、出題について兵庫県教育委員会のコメントも掲載予定となっている。

 電子版「神戸新聞NEXT」では、高校受験の特集コーナーを開設し、各高校の出願者数や倍率なども掲載。兵庫県の高校入試制度の解説、各高校の特色紹介など、中学生や保護者に役立つコンテンツも展開している。掲示板「学区再編、これだけは言わせて!」では、受験制度などに対する投稿も募集している。

 一方、サンテレビの番組「2016年兵庫県公立高校 入試解答速報」は、3月12日午後7時から午後8時に放送。能力開発センターや山本塾、木村塾、特進館学院の講師が出演し、5教科の正答や模範例を示しながら、解説を加えていく。

 なお、神戸新聞NEXTは、一部コンテンツが有料の電子新聞サービスとなるため、問題・解答速報の閲覧にはログインが必要となる。料金は、神戸新聞紙面と合わせて購読する場合は月額162円(税込)、電子版のみ単独で購読する場合は月額3,780円(税込)となる。初めて申し込む人は最大2か月無料購読できるという。
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)