【高校受験2016】都立高校の受検倍率ランキング…1位は国際2.48倍

 平成28(2016)年度の高校受験を振り返り、東京都立高校の受検倍率(受検者数/募集人数)を見てみると、国際高校(国際)が2.48倍ともっとも高く、総合芸術高校(舞台表現)2.43倍、広尾高校(普通)2.30倍が続いた。全日制の平均は1.43倍であった。

教育・受験 中学生

東京都立高校の受検倍率ランキング
  • 東京都立高校の受検倍率ランキング
  • 受験状況(総括表)
 平成28(2016)年度の高校受験を振り返り、東京都立高校の受検倍率(受検者数/募集人数)を見てみると、国際高校(国際)が2.48倍ともっとも高く、総合芸術高校(舞台表現)2.43倍、広尾高校(普通)2.30倍が続いた。全日制の平均は1.43倍であった。

 都立高校(全日制)は、募集人数3万1,834人に対し、受検者数4万5,413人で、受検倍率(受検者数/募集人数)は1.43倍。不受検者数は2,539人で、最終応募人数4万7,952人のうち5.3%が欠席した。

 受検倍率がもっとも高かったのは、国際高校(国際)2.48倍、ついで総合芸術高校(舞台表現)2.43倍、広尾高校(普通)2.30倍、東村山高校(普通)2.13倍、青山高校(普通)2.12倍、総合芸術高校(美術)2.11倍、足立東高校(普通)2.09倍、瑞穂農芸高校(畜産科学)2.04倍。国際高校や総合芸術高校といった専門学科のある高校の受検倍率が高かった。

 普通科の受検倍率を男女別に見ると、男子は秋留台高校2.26倍、青山高校2.14倍、東村山高校2.02倍、足立東高校1.98倍、広尾高校1.97倍。女子は広尾高校2.68倍、目黒高校2.33倍、東村山高校2.24倍、足立東高校2.21倍、青山高校2.11倍、深川高校2.10倍の順に高かった。

◆東京都立高校の受検倍率ランキング
1位:国際高校(国際)2.48倍
2位:総合芸術高校(舞台表現)2.43倍
3位:広尾高校(普通)2.30倍
4位:東村山高校(普通)2.13倍
5位:青山高校(普通)2.12倍
6位:総合芸術高校(美術)2.11倍
7位:足立東高校(普通)2.09倍
8位:瑞穂農芸高校(畜産科学)2.04倍
9位:目黒高校(普通)1.96倍
10位:新宿高校(普通・単位制)1.95倍
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)