【EDIX2016】新ゾーン「学びNEXT」など全30セミナーの事前申込受付開始

 5月18日から20日までの3日間、東京ビッグサイトにて日本最大の教育分野の専門展「第7回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)」が開催される。現在、入場のための無料招待券の申込みや専門セミナー、基調講演などの事前申込みの受付を開始している。

教育ICT 先生
第7回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)
  • 第7回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)
  • 新設する「みらいの学びゾーン~学びNEXT」
  • 「みらいの学びゾーン~学びNEXT」の概要
 5月18日から20日までの3日間、東京ビッグサイトで日本最大の教育分野の専門展「第7回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)」が開催される。現在、入場のための無料招待券の申込みや専門セミナー、基調講演、教育委員会向けセミナーなどの事前申込みを受け付けている。

 EDIXは、全国から小中高の教員や塾、大学、教育委員会関係者が来場する教育分野で日本最大の専門展。学校業務支援システムやICT機器、デジタル教材、eラーニングなど最先端の製品やソリューションを扱う企業が集結し、セミナーや模擬授業、サービス導入に向けた相談などを通して来場者とのマッチングを図る。2015年は608社が出展し、3日間で全国各地から27,504人が来場。ここ数年の教育ICTへの注目度の高さがうかがえるイベントと言えそうだ。

 EDIX2016では、新企画としてまったく新しい「学び」を学校・教育関係者に提案する「みらいの学びゾーン~学びNEXT」を新設。最新テクノロジーを教育に活用した事例や、新たな動きを反映させた展示など、最先端の学びや学びのイノベーションを一堂に集めた新ゾーンで、注目度が高まっているSTEM教育やプログラミング教育、Fab Learning、ゲーミフィケーション、AI、ビッグデータ、ロボットなどの技術やサービスを提供する企業やメーカーなどが出展する。

 オンライン教育や学習用アプリ、アダプティブ・ラーニング、個別最適化指導システム、人工知能搭載ロボット、VR・AR、ウェアラブルなど、最新技術を用いた教材や教育サービスが展示・提案されるほか、ディー・エヌ・エー取締役会長の南場智子氏による特別講演「『間違えない達人』から『うねりをつくる人材』へ」や5つの専門セミナーが開催される。

 そのほか、3つの基調講演や教育ITソリューション、eラーニングに関する専門セミナーなど全30セミナーが3日間にわたり開催される予定。いずれも事前申込み制となっており、現在Webサイトにて各セミナーの申込みを受け付けている。

 なお、教育ITソリューション、eラーニングの専門セミナーは有料。通常5,000円のところ、5月13日まで特別割引4,000円となる先行申込みを受け付けている。基調講演や学びNEXTの講演・セミナーは無料で受講できる。入場にも無料の招待券が必要。こちらの申込みも受付中だ。3月末からは教育委員会向けのセミナー(研修会)予約も受け付けている。

◆第7回 教育ITソリューションEXPO(EDIX:エディックス)
会期:5月18日(水)~5月20日(金)10:00~18:00
会場:東京ビックサイト(「学びNEXT」は東京ファッションタウンビルにて開催)
入場:無料
申込方法:Webサイトから申し込む
※無料招待券および全セミナー(専門セミナー、基調講演、学びNEXTの特別講演・セミナー)の事前申込みが必要
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)