子どもの歯みがきにもIoTの波、アプリ連動「シャカシャカぶらし」

教育・受験 未就学児

「シャカシャカぶらし」外観
  • 「シャカシャカぶらし」外観
  • 「シャカシャカぶらし」利用イメージ
  • アプリ画面
  • アプリ画面
  • 「シャカシャカぶらし」外観
 通信機器の小型化などにともなって、所在を探せるキーホルダー、遠隔操作できるレコーダー、ウェアラブル健康機器など、身近な家電や日用品をIoT化した製品がじょじょに登場している。子どもの教育や見守りにも、こうした技術は流用可能だ。

 Temariは、好きな歯ブラシに付けることで、アプリと連携して子どもが楽しく歯磨きを習慣化できる製品「シャカシャカぶらし」を世界で初めて考案。サイバーエージェント・クラウドファンディングが運営する、クラウドファンディングプラットフォーム「Makuake」(マクアケ)上でプロジェクトを開始した。

 「シャカシャカぶらし」は、子どもが嫌がる「歯みがき」の習慣づけを助ける製品だ。外見はクマの形のクリップ状で、すでにある歯ブラシを挟むだけで利用できる。以降は、スマートフォンやタブレットで、歯ブラシの様子を記録・確認可能だ。

 歯みがきを行うと、毎日の様子がアプリに記録されるとともに、スタンプを集めてコレクションしたりすることができる。プッシュ通知で歯磨きの時間などのリマインドを行ったり、歯みがきの位置・時間などをそのつど通知することもできる。歯磨きの磨き方を順番に指導するコンテンツや、口からバイキンを除くコンテンツなども用意されており、5人までアカウント登録が可能となっている。

 「Makuake」では10以上のコースが用意されているが、製品を入手可能なのは、4,490円のコース(【超早得】【先着15名様限定】シャカシャカぶらし×1+ボタン電池 ×1)より。通常価格は5,490円の設定となっている。7月より製造開始し、8月より出荷開始の予定だ。

 “子どもの歯みがきを記録・通知する”という製品だが、使い方によっては、日々の運動やその他習慣のチェックにも利用できるかもしれない。

“子どもの歯みがき”をスマート化するグッズ「シャカシャカぶらし」登場

《赤坂薫@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)