黒板いっぱいに映像を投影、サカワのプロジェクター「ワイード」

教育ICT その他

「ワイード」を使用して黒板に投影したイメージ
  • 「ワイード」を使用して黒板に投影したイメージ
  • ウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」
 黒板メーカーのサカワは、一般的な黒板に“ほぼいっぱい”の映像を投影できるウルトラワイド超短焦点プロジェクター「ワイード」を、6月中旬に発売すると発表した。価格はオープンで、市場想定価格は45万円前後。

 「ワイード」は、学校の教室にある一般的な黒板のほぼ全面、約120~140インチに映像を投影できるプロジェクター。アスペクト比は、ウルトラワイド(16:6)だけでなく一般的なプロジェクターの投影サイズ(16:9、4:3)にも対応。

 また、プロジェクターを黒板の中央に設置するだけで、80インチ程度の投影画面を左・中央・右へとスライドできる「デジタルスライド機能」付。スライド操作のために大きな装置を取り付ける必要はなく、リモコンのボタンひとつで簡単に切り替えることができる。

 さらに、レーザー光源の採用により約2万時間の光源寿命でランプ交換の手間とコストの大幅軽減を実現。影ができにくい超短焦点モデルで、壁からプロジェクターまでわずか58.6cmの距離で投影が可能となっており、電子ペンでPC操作が可能なインタラクティブ機能付だ。

 「ワイード」は、5月18日~20日に行われる第7回教育ITソリューションEXPO内のサカワブースにて実物を展示。製品は6月中旬からダイワボウ情報システムなどを通して提供を予定している。

《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)