【夏休み2016】旧岩崎邸庭園の子どもわくわく体験ウィーク7/23-28

教育イベント 小学生

旧岩崎邸庭園
  • 旧岩崎邸庭園
  • 東京都「旧岩崎邸庭園 子どもわくわく体験ウィーク」
 東京台東区にある旧岩崎邸庭園では、7月23日から28日まで「子どもわくわく体験ウィーク」を実施する。親子向けワークショップや、岩崎邸当主について解説するミニガイドなど、楽しみながら庭園の魅力に触れることができる。ワークショップは参加予約や参加費が必要。

 旧岩崎邸庭園は、三菱財閥創設者岩崎彌太郎の長男で第3代社長の岩崎久彌(ひさや)氏の邸宅。園内の洋館と撞球室、和館大広間などが、国の重要文化財に指定されている。

 「子どもわくわく体験ウィーク」では、色とりどりのモザイクタイルを並べて、壁飾りや鍋敷きとしても使える作品を作る「モザイクタイルアート体験」や、洋館を彩る金唐紙(きんからかみ)にちなんだ「金唐紙ワークショップ」といった、楽しみながら文化財の魅力に触れることができるワークショップを実施する。対象はいずれも小学生とその保護者。参加には往復はがきで事前の申込みが必要。

 このほか、岩崎邸当主の岩崎久彌氏について子ども向けに解説するミニガイド「岩崎久彌ものがたり」では、キャラクターの「ミミズク先生」が、三菱財閥3代社長岩崎久彌氏の一代記を、面白いエピソードを交えて紹介する。中学生以下のワークショップ・ミニガイド参加者には、子ども向けワークブック「旧岩崎邸庭園わくわく探検ブック」がもらえる。夏休みの自由研究としてもお勧めのイベントだという。

 ワークショップ「モザイクタイルアート体験」は、定員が15組30名で参加費は1,500円。「金唐紙ワークショップ」は、定員が20組40名で参加費は2,600円。いずれも往復はがきで申し込む。申込多数の場合は抽選。ミニガイド「岩崎久彌ものがたり」は、当日自由参加で参加無料。

◆旧岩崎邸庭園 子どもわくわく体験ウィーク
日時:7月23日(土)~7月28日(日)
旧岩崎邸庭園入園料:一般(中学生以上)400円/65歳以上200円
※小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料

【ワークショップ】
・「子ども向けモザイクタイルアート体験」
日時:7月23日(土)10:30~12:00※荒天中止
場所:芝庭(撞球室前)
内容:1センチ角の色とりどりのモザイクタイルを並べて、15センチ×15センチのアート作品を作る
対象:小学生とその保護者
定員:親子15組30名
参加費:1組1,500円(材料費込・事前振込制・入園料別途)
申込方法:往復はがきで旧岩崎邸庭園サービスセンター「モザイクタイル」係宛に申し込む。申込多数の場合は抽選
申込締切り:7月3日(日)必着

・子ども向け金唐紙(きんからかみ)ワークショップ
日時:7月24日(日)9:30~12:00※荒天中止
場所:芝庭(撞球室前)
内容:旧岩崎邸庭園にちなんだモチーフをデザインした版木を使い「打ち込み」までの工程を体験※色付けは行わない
対象:小学生とその保護者
定員:親子20組40名
参加費:1組2,600円(材料費込・事前振込制・入園料別途)
申込方法:往復はがきで旧岩崎邸庭園サービスセンター「金唐紙」係宛に申し込む。申込多数の場合は抽選
申込締切り:7月3日(日)必着

【ミミズク先生ミニガイド・岩崎久彌(ひさや)ものがたり】
日時:7月25日(月)~7月28日(木)13:30~14:00
場所:洋館1階大食堂
対象:中学生以下(小学生以下は保護者同伴)
内容:「旧岩崎邸庭園わくわく探検ブック」に登場する「ミミズク先生」が、岩崎久彌の一代記を面白いエピソードを交えて紹介する
参加費:無料(入園料別途)
参加方法:当日自由参加
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)