Speedoと早大水泳部、産学連携で新スポーツ文化の創造を目指す

趣味・娯楽 大学生

スピード、早稲田大学水泳部にオフィシャルグッズ提供
  • スピード、早稲田大学水泳部にオフィシャルグッズ提供
水着ブランドSpeedo(スピード)は、早稲田大学水泳部とオフィシャルグッズ提供契約を締結した。

同社は今回の契約により、選手にトレーニング水着やキャップを提供。監督・スタッフには、コーチジャケットなどスイムアパレルを中心としたグッズを提供していく。早稲田大学水泳部は競泳部門、水球部門、シンクロ部門の62名で構成。総監督は、奥野景介スポーツ科学学術院教授。

契約期間は、2016年4月1日~2020年3月31日までの4年間。産学連携による製品開発協力や若手スイマーとのコミュニケーションを通じて、新たなスイムライフスタイルやスポーツ文化の創造を目指す。

水泳部総監督の奥野氏は、「タイムや技術の向上に対するサポートはもちろんですが、大学スポーツとスポーツメーカーの協働により新たなスイム文化を創造し、ひいてはスポーツ文化の発展に貢献できるようなパートナーシップになることを大いに期待しています」とコメントしている。

「新たなスイム文化を創造」スピード、早稲田大学水泳部にオフィシャルグッズ提供

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)