オリジナル映像授業を低コストで、塾向け「StudyPad」新エディション

教育ICT その他

デジタル・ナレッジ「StudyPad Standard Edition」
  • デジタル・ナレッジ「StudyPad Standard Edition」
  • 「StudyPad Standard Edition」の特長
 eラーニング専門ソリューション企業のデジタル・ナレッジが、学習塾向け教育ICTサービス「StudyPad Standard Edition」を強化した新エディションの提供を開始した。従来のStudyPadサービスに、オリジナル映像授業の作成、配信、管理機能を新たに追加している。

 StudyPadサービスは、学習専用のタブレット活用授業や継続的な学習を促進する映像教材など「最先端の学習スタイルを実現するサービス」として2013年9月より提供しているサービス。現在では、明光義塾などの学習塾を中心に全国1,000教室以上に導入されているという。ICTの教育分野での活用促進に加え、個別指導塾の増加による講師不足や指導内容の多様化、自分のペースで進められる映像教材を用いた学習に対するニーズの高まりなどを背景に、普及が進んでいるようだ。

 「StudyPad Standard Edition」は、ゼロからシステム投資することなく塾作成のオリジナル映像授業を手軽にスタートできるICTクラウドサービス。スマートフォンやタブレットを使って生徒ひとりひとりにあった最適な映像教材を提供できるほか、すべての範囲の映像教材を作成・準備するのが難しい場合には幅広い分野をカバーする豊富な映像教材をオプションとして利用することもできるため、安心して導入することが可能。中高生向けの管理機能や保護者への学習状況報告機能なども備えている。

 新しいエディションでは、塾で撮影した授業動画を使って手軽にオリジナルの映像授業を作成、配信、管理ができる機能を追加、映像授業作成機能をさらに強化した。他塾と差別化したオリジナル映像授業の導入が最小限のコストで実現できるという。

 「StudyPad Standard Edition」の利用料金は初期費用が3万5,000円、月額料金が教室規模や利用者数に応じて、3万8,000円からとなっている(いずれも税別)。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)