約2割値下げ、通学定期運賃2017年4月改定へ…神戸新交通

 神戸新交通は7月14日、通学定期運賃を改定すると発表した。2017年4月から約2割値下げする。

教育・受験 高校生
ポートライナーと六甲ライナーの通学定期運賃が来年4月に値下げされる。写真はポートライナーの神戸空港駅。
  • ポートライナーと六甲ライナーの通学定期運賃が来年4月に値下げされる。写真はポートライナーの神戸空港駅。
  • 神戸新交通は神戸市内のポートライナーと六甲ライナーを運営している。写真はポートライナー。
神戸新交通は7月14日、通学定期運賃を改定すると発表した。2017年4月から約2割値下げする。

神戸新交通は、ポートアイランド線(ポートライナー)と六甲アイランド線(六甲ライナー)を運営する神戸市の第三セクター。1981年2月にポートライナー、1990年2月に六甲ライナーが開業し、2006年2月にはポートライナーが神戸空港まで延伸された。

発表によると、利用者から運賃値下げの要望があったことや、第五次神戸市基本計画の2016~2020年度の実行計画「神戸2020ビジョン」で子育て世帯への支援を掲げていることから、その一環として通学定期を値下げするという。1カ月定期の場合、1区(現在は4940円)は990円値下げして3950円に。6カ月定期の4区(同4万290円)は8050円安い3万2240円にする。

今後は今年9月にも国土交通省に値下げを届け出て、2017年4月1日に運賃を改定。同日以降に発売する通学定期券を値下げする予定だ。

神戸新交通、通学定期運賃を来年4月改定へ…最大8050円値下げ

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)