【高校野球2016夏】中京が大分との打合いに勝利、12-4で初戦を突破

趣味・娯楽 高校生

2016年夏の阪神甲子園球場
  • 2016年夏の阪神甲子園球場
第98回全国高校野球選手権大会は8月8日に大会2日目が行われた。第2試合では中京(岐阜)が大分(大分)に12-4で勝利している。

2-2の同点で迎えた四回、中京は加藤壮太の適時打で勝ち越しに成功。さらに北川竜之介の満塁弾も出て一挙6得点で大分を突き放した。大分も2点を返して追いすがるが中京は八回、今井順之助の2点適時打に吉位翔伍も2ラン本塁打で続きリードを決定的なものとした。

大量得点での勝利に高校野球ファンからは、「中京は想像以上の打力」「中京勝った!!満塁ホームランすごかった」「中京の打線めっちゃ打つね。期待してます」などの声が寄せられた。

打ち合いに敗れ甲子園初勝利を逃した大分にも、「お疲れ様。同郷として関西から応援していました」「選手、監督、コーチ、本当にお疲れさまでした」と労いの言葉が寄せられている。

【高校野球2016夏】中京が大分との打ち合いに勝利、初戦を突破

《岩藤健@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)