ノートアプリ「Clear」アルクテラス、Z会と朝日学生新聞社と業務提携

教育・受験 その他

アルクテラス
  • アルクテラス
  • アルクテラス「Clear」
 ソーシャル学習アプリ「Clear」を展開するアルクテラスは11月22日、増進会出版社および朝日学生新聞社と資本業務提携を締結したことを発表した。Clearを通じて受験生向けにZ会グループと朝日学生新聞の教材と情報を活用した学習サービスを提供し、受験生や中高生向けの志望校合格をサポートする。新サービス開始は2017年4月以降の予定。

 アルクテラスは、ノート共有を通じたソーシャル学習アプリ「Clear」や学習塾教室長向けの指導ツール「カイズ」などの開発・運営のほか、個別指導 志樹学院を展開している。Clearは自分の手書きノートを公開したり、ほかのユーザーが公開したノートを使って学習したりできるアプリで、11月22日時点のユーザー数は100万を超えるという。

 今後は、Z会の学習コンテンツとClearを連携させ、アプリ内で解くことのできる学習サービスの提供を開始する。ユーザーの学力レベルにあわせた問題を提示すると同時に、不明点はClear内で解決することで学習のモチベーション向上が期待できる。朝日学生新聞社との業務提携では、同社の持つ学習方法や受験問題などに関する情報をClear内で配信。学力向上と受験勉強をサポートする新サービスを提供予定。

 いずれのサービスとも、提供開始は2017年4月以降の見込み。今回の業務提携にあわせ、アルクテラスはZ会グループの増進会と朝日学生新聞社を対象に1億1千万円の第三者割り当て増資を行う。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)