【センター試験2017】東進、2段階選抜予想ラインを公開…東大理3得点率74.4%

教育・受験 高校生

東進
  • 東進
  • 2段階選抜予想ライン(一部)
 東進は1月18日、センター試験2段階選抜予想ラインを公開した。2段階選抜の得点と得点率は、東京大学理科三類が670点・74.4%、京都大学医学部医学科が717点・79.7%と予想される。

 2段階選抜(いわゆる「足きり」)とは、所定の志願倍率(志願者数÷募集人員)を超えた大学・学部が、センター試験の成績によって第1段階選抜を行い、その合格者のみ2次試験を受けられる仕組み。第1段階選抜の結果発表は前期日程が2月8日まで、後期日程が2月28日までに行われる。

 東進が予想する2段階選抜の得点と得点率を見ていくと、東京大学(900点満点)は文科一類が617点・68.6%、文科二類が670点・74.4%、文科三類が685点・76.1%、理科一類が730点・81.1%、理科二類が713点・79.2%、理科三類が670点・74.4%。

 京都大学は経済学部経済経営学科・理系(800点満点)が615点・76.9%、理学部理学科(900点満点)が630点・70.0%、医学部医学科(900点満点)が717点・79.7%、総合人間学部総合人間学科(900点満点)が文系・理系ともに700点・77.8%と予想される。

 東進ではこのほか、合否ライン予想や合否判定システム、過去問データベースなども提供している。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)