受験ママの心の支え、ディーン・フジオカを抑え1位に輝いたのは?

教育・受験 保護者

受験ママを優しく支えそうな男性芸能人
  • 受験ママを優しく支えそうな男性芸能人
  • 子どもの家庭教師をしてくれたら自分のテンションも体温も上がりそうな芸能人
  • 受験に関するストレスは大きかったか
  • 悩みやストレスの原因になっていたもの
  • 受験に関して夫との温度差は大きかったか
  • 受験に関するストレスの大きさと夫婦の温度差の相関
 受験シーズン真っ最中のこの時期、受験生本人はもちろん応援する家族も悩みやストレスを感じやすいのではないだろうか。そんな受験生応援ママを優しく支えてくれそうな男性芸能人1位に「堺雅人」が選ばれた。2位は僅差で「ディーン・フジオカ」。

 調査は、養命酒製造が実施したもの。3年以内に子どもが中学・高校・大学のいずれかを受験した母親1,000名を対象に、2016年12月13日~14日にインターネットでアンケートを行い、受験生を持つ母親の理想や悩み、体の悩みなどについて調査を行った。

 子どもの受験で自分自身の心理的疲労感も大きかったか尋ねたところ、「非常にあてはまる」23.6%、「どちらかといえばあてはまる」45.2%で、「あてはまる」が68.8%となった。特に、子どもが中学受験をしたママでは「あてはまる」が76.4%と高く、高校や大学受験よりも大きなストレスを感じていることがわかった。

 悩みやストレスの原因については、「受験生本人も含めた家族の体調管理」がもっとも多く61.8%、ついで「子どもの成績や模試の合格判定の状況」が45.6%、「受験にかかる金銭的な負担感」が35.2%と続いた。また、ストレスの原因トップ10の中には「夫のサポートの少なさ」もランクインした。

 受験に関する夫との温度差は大きかったかを聞くと、「非常にあてはまる」が13.5%、「どちらかといえばあてはまる」が24.8%と、約4割が子どもの受験に対して夫との温度差が大きかったと感じていた。特に中学受験では「あてはまる」が44.4%と高く、より夫婦に温度差が生じやすい傾向がうかがえた。

 夫との温度差が大きかったママと、大きくなかったママのストレスの大きさについてみると、温度差が大きくなかったママの62.9%がストレスを感じていたのに対し、夫との温度差が大きかったママは78.4%と15.5ポイント高い傾向にあった。

 そんなママたちに「受験生を応援するママの苦労を理解し優しく支えそうな男性芸能人」を聞いたところ、1位「堺雅人」、僅差で2位「ディーン・フジオカ」、3位「井ノ原快彦」、4位「つるの剛士」、5位は同率で「西島秀俊」「福山雅治」という結果に。優しい笑顔に癒される印象のある芸能人が上位に選ばれた。

・受験生を応援するママの苦労を理解し優しく支えそうな男性芸能人
1位:堺雅人
2位:ディーン・フジオカ
3位:井ノ原快彦
4位:つるの剛士
5位:西島秀俊・福山雅治

 また、「子どもの家庭教師をしてくれたら自分のテンションも体温も上がりそうな芸能人」を聞いたところ、1位「櫻井翔」、2位「林修」、3位「松岡修造」がベスト3にランクインした。嵐の櫻井翔は、1月にすららネットが調査した「小中高生が勉強を教えてほしい芸能人」でも3年連続で1位に選ばれており、小中高生からママたちまで幅広い世代から「勉強を教えてほしい」と高く支持されていることがわかった。

・子どもの家庭教師をしてくれたら自分のテンションも体温も上がりそうな芸能人
1位:櫻井翔
2位:林修
3位:松岡修造
4位:宇治原史規
5位:福山雅治

・小中高生が勉強を教えてほしい芸能人(すららネット)
1位:櫻井翔
2位:カズレーザー
3位:中田敦彦
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)