横浜4大学、教育の質向上で連携協定

 横浜市内に本部を置く、神奈川大学と関東学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学の4大学は、大学教育の質向上を共同で推進するため、2月20日に連携協定を締結する。

教育・受験 大学生
神奈川大学
  • 神奈川大学
  • 関東学院大学
  • 横浜国立大学
  • 横浜市立大学
 横浜市内に本部を置く、神奈川大学と関東学院大学、横浜国立大学、横浜市立大学の4大学は、大学教育の質向上を共同で推進するため、2月20日に連携協定を締結する。

 協定を締結する4大学は、戦後の学制改革に伴い、1949年に新制大学として設置された。創立の経緯や歴史的役割は異なるが、旧制専門学校を母体に横浜の高等教育を長年にわたって牽引し、横浜や神奈川の発展に寄与し続けてきた。

 横浜市立大学を除く3大学は、先行して2015年12月に連携協定を締結している。今回、横浜市立大学が参加することで、4大学がそれぞれ培ってきた教育資源を提供し合い、より充実したセミナーなどを共同で開催。さらに、横浜から全国に向けて高等教育のあり方を提言していくという。

 今回の連携協定により、4大学は授業内容・方法を向上させるための組織的な取組み「FD(ファカルティ・ディベロップメント)」を共同で推進していく。質の高い教育を提供することで、地域の持続的発展に貢献できる人材を育成し、グローバル化が進行する社会で活躍できる人材を育成していく。協定の調印式は、2月20日に横浜市中区の横浜メディア・ビジネスセンターで執り行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)