京都鉄道博物館「蒸気機関車解説セミナー」4/15・16

 京都鉄道博物館は、第1回ワークショップ「蒸気機関車解説セミナー」を4月15日と16日に開催する。1070形1080号機とC53形45号機の紹介や、普段は非公開の場所の見学もある。参加費は無料だが、入館料が別途必要。参加には事前申込みが必要。

趣味・娯楽 小学生
京都鉄道博物館
  • 京都鉄道博物館
  • 1070形1080号機
 京都鉄道博物館は、第1回ワークショップ「蒸気機関車解説セミナー」を4月15日と16日に開催する。1070形1080号機とC53形45号機の紹介や、普段は非公開の場所の見学もある。参加費は無料だが、入館料が別途必要。参加には事前申込みが必要。

 京都鉄道博物館では、明治・大正・昭和の各時代に製造された23両の蒸気機関車を保存・展示している。第1回となる今回のワークショップでは、明治時代にイギリスで製造された1070形1080号機と、国産唯一の3シリンダー蒸気機関車だという、C53形45号機を紹介する。

 ワークショップは、小学生対象の「1070形をのぞいてみよう!」と、中学生以上の「1070形とC53形の特徴にせまる」の2種類を開催。「1070形をのぞいてみよう!」では、蒸気機関車の動く仕組みを解説し、1070形1080号機の運転台を案内する。また、「1070形とC53形の特徴にせまる」では、蒸気機関車の動く仕組みを解説するほか、1070形1080号機の運転台とC53形45号機下のピットを案内する。

 申込方法は、往復はがきの往信面に必要事項を明記のうえ、京都鉄道博物館へ送る。3月21日消印有効。応募者多数の場合は抽選を行い、返信はがきで連絡する。返信はがきは4月3日までに発送予定。

◆蒸気機関車解説セミナー
【1070形をのぞいてみよう!】
日時:2017年4月15日(土)11:00~/14:00~/16:00~(各回約1時間)
会場:京都鉄道博物館(京都市下京区観喜寺町)
対象:小学生(平成29年4月現在の学年)
募集人数:各回20名(保護者1名まで同伴可、きょうだいでの参加希望の際は別々に応募する)
応募締切:2017年3月21日(火)消印有効
参加費:無料(入館料別途必要、入館料は一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、3歳以上幼児200円)
申込方法:往復はがきの往信面に必要事項を明記のうえ、京都鉄道博物館へ送る

【1070形とC53形の特徴にせまる】
日時:2017年4月16日(日)11:00~/14:00~/16:00~(各回約1時間)
会場:京都鉄道博物館(京都市下京区観喜寺町)
対象:中学生以上(平成29年4月現在の学年)
募集人数:各回20名
応募締切:2017年3月21日(火)消印有効
参加費:無料(入館料別途必要、入館料は一般1,200円、大学生・高校生1,000円、中学生・小学生500円、3歳以上幼児200円)
申込方法:往復はがきの往信面に必要事項を明記のうえ、京都鉄道博物館へ送る
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)