東北大学・NEC、AIの社会実装推進で連携

 日本電機(NEC)は、AIの社会実装を推進するため、東北大学との産学連携を開始すると発表した。東北地域におけるAIの現場活用、人材育成をイノベーションの創出を目指し、新規事業創出にも貢献していくという。

教育・受験 その他
NEC
  • NEC
  • 東北大学
 日本電機(NEC)は、AIの社会実装を推進するため、東北大学との産学連携を開始すると発表した。東北地域におけるAIの現場活用、人材育成とイノベーションの創発を目指し、新規事業創出にも貢献していくという。

 AIは研究開発フェーズから実用フェーズへと移行し、実データを用いた技術・ソリューションの検証がより重要になっている。そこで、東北大学で保有している知見や、実験から得られた膨大な実データを活用し、NECの最先端AI技術群「NEC the WISE」を用いて、社会実装までを見据えたAIの有用性の検証や、地域活性化に向けたAI活用推進および地域における人材育成まで幅広く連携を行う。

 東北大学の流体科学研究所とNECは、社会インフラやプラント設備の設備保全技術領域でのAIを活用した共同研究・実証を行うため、2017年2月より「非破壊検査領域におけるインバリアント分析技術の適用研究」を実施。これにより、AIの適用範囲の拡大を検討するほか、フランス・リヨンで研究を実施している「Engineering and Science Lyon-Tohoku Laboratory」とも共同研究を進める予定だという。

 また、NECのディープラーニング技術「RAPID機械学習技術」を東北大学大学院工学研究科情報知能システム研究センター(IIS研究センター)へ提供し、センター内にAI実証環境を整備。「マシンインテリジェンス研究会」に参画する東北地域企業が、AIを使って各社が保有する画像やテキストデータを分析するなど、実業務に活用する。IIS研究センターとNECが各社に合わせた適用領域の提案を行うことで、IoT(Internet of Things)による生産性の向上を可能にするほか、両者による分析サポートも提供していく。

 今後、両者はAIをはじめとする先端技術を活用した社会価値創造を進めていくとしている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)